ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年有馬記念回顧

★有馬記念予想結果★
 ◎トーセンジョーダン…5着
 ○オルフェーヴル……1着
 ▲ブエナビスタ………7着
 △トゥザグローリー…3着
 △ヒルノダムール……6着
 △エイシンフラッシュ…2着

 夕日はレース過ぎに雪へと変わるだろう♪オルフェーヴル♪エイシンフラッシュ♪(笑) 今年の中央競馬の総決算・有馬記念が行われました。勝ったのは1番人気の史上7頭目の三冠馬・オルフェーヴルでした。一昨年の勝ち馬である兄・ドリームジャーニーとの兄弟制覇を達成しました。2着に昨年のダービー馬のエイシンフラッシュ、3着に昨年も3着だったトゥザグローリーが入り、3連馬券は荒れました。ファン投票で1位に支持され、ここが引退レースだったブエナビスタは直線で伸びず7着。3番人気の今年の秋天勝ち馬・トーセンジョーダンも昨年と同じく5着に沈みました。

 俺の勝った馬は軒並み上位を占めたのですが、組み合わせがマズくて外れました。展望では3単と書いたのですが、金額に強弱をつけて3複にしました。そこまでは良かったのですが、トーセン、オルフェの2軸流しで買ったので玉砕。一瞬はオルフェ、エイシン、トーセンで3複GET!と思ったのですが、トゥザグローリー、ルーラーシップに交わされて夢は砕け散りました。後日、今年の年間収支をUPしますが、ダメダメでした。中央の回収率は5割を切る惨状。去年は100%越えだったのになあ。

 勝ったオルフェーヴルはスタートがあまり良くなく、後方からの競馬を余儀なくされました。スローペースのせいなのか、道中カカり気味でもありました。向こう正面で外に出せたので池添が大好きな大外ぶん回し。距離ロスもかなりあったと思いますが、他馬とは違う末脚で先に抜け出したエイシンフラッシュ、トーセンジョーダンらを差しきって完勝。今回はゴール後に池添を振り落とすことはなかったけれども、いつものように暴れ気味(笑) まだ精神面で成長の余地があるかもしれません。身体面でも兄や父や母父を考えれば、さらに強くなると思えます。末恐ろしい馬です。今となってはシンザン記念やきさらぎ賞で負けていたのはなんだったのか?と思えます。怪我さえなければ、史上初の中央GI8勝も有望でしょうし、海外での活躍も十分に期待できます。夢は膨らみます。

 ブエナビスタは有終の美を飾ることはできませんでした。JCを勝ったとは言え、去年、一昨年と比べれば成績に安定感がなく、徐々に衰えているのは感じられました。その去年、一昨年が2着だったので、今年、それ以下なのは自然だと思います。怪我することなく無事に引退ですし、先日、妹が衝撃のGI勝利を挙げたので、妹へバトンタッチです。悲願の有馬記念制覇はブエナビスタの子供に期待しましょう。トーセンジョーダンはスローペースを3番手で追走し、いい位置だと思ったのですが、いまいち伸びきれずの5着。ここ2走での激戦の疲れもあったのかもしれませんが、スローペースではなく、ハイペースの消耗戦のほうが活きるのだと思います。後ろにせっつかれて仕掛けるのではなく、自分で逃げたアーネストリーを潰しに行くぐらいの競馬でも良かったのかも。結果論ですが。

 春は最強世代などと言われた現4歳世代でしたが、すっかりその呼び名も空しいものと化した暮れ。意地を見せたと思います。2~4着は4歳馬。またも勝ちきれませんでしたが、昨年のダービー馬・エイシンフラッシュが内から伸びて2着確保。なんだかんだ言ってもルメールはさすがですし、エイシンフラッシュも崩れませんね。勝ちきれもしませんが(笑) トゥザグローリーもよく分からん馬ですが、中山は合っているんだと思います。コース実績があり、順調に使われている馬は無視できません。ルーラーシップも休み明けでこれだけ走れれば立派。順調に使えれば母や姉に続くGI制覇も視界に入ってくるでしょう。今回は勝てませんでしたが、やはり鉄砲駆けしますね。帰国緒戦のヒルノダムールはペースが合わなかったのかもしれません。

 昨年の覇者で春にはドバイWCも制したヴィクトワールピサは先行するも次々に交わされての8着。一叩きの効果はあったでしょうし、中山も良かった。結果次第で来年の進退を決めるそうですが、これは来年も走ったほうがいいかと思います。春までの名誉はすっかり褪せてしましたから、挽回しないと。勝ち馬と0.5差と着順ほど内容は悪くなかった。使われれば調子は上向きそう。ローズキングダムは中山が合わないですね。朝日杯の勝ち馬に書く言葉じゃないのかもしれませんが、京都や府中でこそと思います。レッドデイヴィスはこのメンバー相手ではやや荷が重かった。それと33秒の脚もありますが、ここまでの上がりの競馬では厳しそう。セン馬ゆえに使われるところがやや限定されますし、海外挑戦を見てみたいと思います。

 2011年の中央競馬は終わりました……が!まだ兵庫GT、東京大賞典と地方競馬での大レースはまだ続きます。年間でのプラス収支はとても望めませんが、何とか来年につながるような予想と配当を得て、気持ちよく年を越したいと思います。

 
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『Who needs you?』 | HOME | 11年有馬記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |