ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年中山金杯回顧

 年が明けてはや十日。中山金杯と2,3日前の川崎の最終レースを買ったのですがどちらも外れました。昨年は新年初あたりが1月中にはなく、2月も終わろうとする京都記念でやっとこさ当たりました。トゥザグローリーとメイショウベルーガの馬連というしょっぱい組み合わせでしたが。皆さんはもう初当たりできましたか?

 今年の初馬券だった中山金杯は枠連の3枠流しで鉄板だと思っていました。2連馬券だけが配当5%上乗せでしたから2連で、馬連でも枠でもさほど配当が変わらなかったので、それなら枠でと。故障さえしなければアドマイヤコスモスの完勝だろうと。そしたら、アドマイヤコスモス故障……しょうがないのでコスモファントムがんばれー!と思ったのですがジリジリとしか伸びず、外から叩き合ってフェデラリストとダイワファルコンが抜けていったのは皆さんご覧の通り。ううむ。これだから競馬に絶対はないんだよなあ。新年一発目から本命視した馬が故障とは縁起が悪いです。アドマイヤコスモスですが、上村騎手のブログによれば「幸いにも故障した脚以外は無事で、故障した脚もボルト3本で固定して手術は成功したとのこと。」だそうです。ただ全治がどれほどなのか不明ですし、治ってもこれまでどおりの圧倒的な走りができるかどうか……?

 勝ったフェデラリストは3連勝で重賞制覇。ダンスパートナーの仔は6番目にして待望の重賞制覇。フェデラリストはこれで中山は3戦無敗です。重苦しい母系ですし、母にしても欧州でも好走したようにタフな馬場のほうが向いていました。フェデラリストの次はAJCCでしょうか。そこでも期待できそうです。5歳馬ですが、たったの7戦しかしていませんのでまだ伸びしろがあるかと思います。2着のダイワファルコンもダイワルージュの仔ですからこれまた良血。21世紀に入ってから顕著ですが、名牝の仔の活躍が目立ちますね。ダイワファルコンは父母どころか祖母も叔母も叔父も名馬ですが。皐月賞にも出走していたように、早いうちから能力の片鱗を見せていましたが、無理な挑戦はせずに着実に賞金と戦績を上積みしての重賞2着。今年は重賞戦線での活躍が期待できそう。中山金杯の1,2着馬がAJCCに出てきたらダイワのほうが勝つかもしれません。

 金杯連覇、重賞連勝を狙ったコスモファントムでしたがジリジリとしか伸びず、上位2頭には突き放されました。4角の位置取りはほぼ同じだっただけに瞬発力の差としかいいようがない。およそ2年前はのちのヴィクトワールピサと僅差、1年前はトゥザグローリーと僅差。今もトゥザグローリーとの能力差はそんなにないと思います。昨年は裏街道路線を歩んでいますが、今年はまたGIの表舞台に出てきて欲しい。2,3着の多い馬でもあるし、GIでも相手なりに走れると思うんですけどね。賞金稼ぎするなら交流重賞で再び見てみたいとも思います。ネヴァブション、アクシオン、ダンスインザモアら高齢馬の皆さんはさすがに売り切れでしょう。ネヴァブションは長期休養明け、鉄砲駆けしない馬だけに次こそが試金石?次走、2,3年前に連覇したAJCCで大敗したらもう買えないな。

 昨年暮れから忙しくてなかなかじっくり競馬を予想できていません。当たる当たらないも大事ですが、予想を楽しむことが第一ですし、予想する余裕もなければ当たるわけないよなあ。明日、明後日は指導が1コマだけなので、早めに肉桂……もとい日経新春杯の予想もしておこうと思います。ちぇきら!

 
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いそがばまわれ | HOME | ちょいワル家庭教師>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |