ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年佐賀記念展望

 今週は水曜日に佐賀記念、日曜には京都記念、共同通信杯があります。どれも伝統の一戦です。今週は馬券を買うつもりです。というわけで佐賀記念の展望です。中央勢も当初はランフォルセやゴルトブリッツらも登録してましたが、ランフォルセは川崎記念で2着。中1週になるので回避。ゴルトブリッツは病み上がりでまだ仕上がってないんでしょうね。結果、中央馬はキングトップガン、マイネルアワグラス、メダリアビート、タカオノボル、ピイラニハイウェイ……なんか例年にも増して微妙な面子。ダート重賞を勝っているのが衰えを隠せないアワグラスだけ。

 対する地方馬は、兵庫のオオエライジン、ホクセツサンデーが参戦。どちらも交流重賞での好走歴があります。というか地方馬でこの2頭よりも中距離で強いとハッキリと言い切れるのは地方の総大将たる船橋のフリオーソしかいないような気がします……。高知のハンドシェイクは3走前の川崎・大師オープンで8着。まあ、よくある高知馬でしょう。交流重賞でおなじみの雑賀厩舎ですし。佐賀の4頭も大井でC1クラスだったレイズミーアップが九州オールカマーを勝っており、そこでの2着や5着では中央、兵庫勢に歯が立つとは到底思えません。

 というわけで中央5頭と兵庫2頭の実質7頭立て。交流重賞で実質7頭立てというのなら、それなりに馬券的にも楽しめると思います。実質3頭立てなんてレースもザラですし。

 キングトップガンは元々ダートを使って出世してきたものの、1年ぶりのダート戦になります。1年前のアルデバランSは14着。その後、芝の重賞を2勝しているだけに侮れませんが、成績を見ているとどうも冬場はダメなような気がします。妙味があるオッズなら、というところでしょう。アンカツさんの騎乗も非常に不気味です。

 ピイラニハイウェイはスマートファルコン以外は今回の面子よりもさらに手薄に思えた日本テレビ盃でも4着。その後の成績も下降線ですし、中央勢では一番不要に感じます。

 マイネルアワグラスはここ2走、交流重賞で好走しています。面子が一気に弱化したここなら勝ち負け……と陣営もファンも考えそうですが、成績表を見れば明らかですが、2,3着がやたらと多い馬です。3,4年前、脂の乗っていた頃からそういう傾向があります。今回も2,3着はあるのかもしれませんが、上位人気は避けられないだけに2連馬券では買いたくないなあ。3連だとさすがに抑えないわけにはいかないけれども。

 メダリアビートは初の交流重賞参戦だった東京大賞典で5着。勝ち馬からは時計1つ離されていますが、シビルウォーとタイム差なしのアタマ差なら、ここでの勝算も立つと思います。タカオノボルは1000万勝ち、3歳限定のレパードSで2着だった明け4歳馬。どうも好走が左回りに偏りすぎているような?それといくらなんでも平安Sでビリというのはひっかかります。ただし、佐賀記念男のユタカは非常に怖い。佐賀記念の勝ち方を知っている(笑)

 そして、兵庫の2頭。ホクセツサンデーの安定感も立派なものですが、金沢へ遠征して3着に負けたホクセツと笠松と大井へ遠征しても勝ったオオエライジンの間にはかなりの差があるでしょう。それが兵庫ダービーでの7馬身差だと思います。7馬身の間に5頭の中央馬のうちの数頭が挟まると思うとホクセツは買えない。よほど人気薄(単50倍以上)なら話は別ですが戦績が見栄えしますし、そこまで人気薄になるだろうか。

 オオエライジンはハンデ差があり、ホームとは言え、今回の中央馬より格上のスーニ、セイクリムズンと差のない競馬。この面子、そして距離延長を考えれば勝ち負けしていい。遠征実績も既にあります。同じ兵庫ダービー馬で佐賀記念を勝ったチャンストウライよりも器は上と思いますし、ここは通過点であってほしい。重賞も勝ってない中央馬や衰えてきたアワグラスにも負けては夢も希望もないしなあ……。地方競馬の次代を担う馬として頑張って欲しい。

◎オオエライジン
○メダリアビート
▲マイネルアワグラス
△キングトップガン
△タカオノボル

 面白くもなんともない買い方ですが、オオエライジンからピイラニ以外への中央馬への3複フォーメーションで。◎-○▲-○▲△の計5点。ガミりそうなら、◎○からの3点のみで。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『過積載』 | HOME | 『Wonderful days』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |