ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

高校受験

 昨日、9日に県立高校入試の合格発表がありました。青森県……限りませんが大方の地方においては県立こそが本命で私立は滑り止めという意識が強いと思われます。県立に受かってこそ喜べる。偏差値的なこともありますが、私立に行かざるを得ないと学費もべらぼーにかさみますし。今年、手がけた高校受験生は5人で、そのすべてが県立に合格……とは残念ながら行きませんでした。無念。1人落ちてしまったようです。連絡がないところからして。正直、5人の中では一番、学力も地頭も良いと思っていたので不思議。逆に私立に合格して気持ちがぶったるんでいた子は県立に受かりました。無論、偏差値的には全然違う高校ですが。頑張った子ほど受かって欲しかったので、俺としても残念です。全員合格してこそ100%喜べます。1人落ちてしまうと満足度は50%ほど。

 ちなみにこのほかに4回指導した小6は中学受験合格、3回指導した高3は不合格の模様。5/7。あまり良い結果だとは思っていません。下の上ぐらい。不徳の致すところです。俺にとっては5/7でも、それぞれの家庭においては1/1であり、100%なのですから。高校受験生5人の指導期間は2~6ヶ月と長くはありません。現在も継続指導中の4人(中1が3人、高1が1人)こそが絶対に負けられない受験がそこにはある……です。1年以上の指導が予定されていますし、絶対に結果を残さねばなりません。それこそ志望校選びの段階から。受験後の今だからこそ、どこを改善すれば、より良い指導になったのかを反省して、来年再来年に活かしたいと思います。そう思うと、10年前、学生時代よりは指導技術が格段に向上してはいると思います……当たり前ですけど。

スポンサーサイト

テーマ:雑記とか - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ねぶとろ入院 | HOME | 12年中山牝馬S展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |