ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

震災から1年

 早いもので東日本大震災から1年余りが経ちました。阪神大震災からは17年余り。「100年に一度の大地震」なんて言葉をマスコミなどで見かけたりするけど、地震大国ニッポンにおいては100年に1度じゃなくて、10年に一度じゃないのか?と思う。阪神大震災の後(前?)にも奥尻島に大津波が押し寄せたり、中越沖地震もありましたね。10年に一度どころか、5年に一度ぐらい?悲惨なことだから滅多にないこと……ではなく、数年に一度は起こるかもしれないという意識があったほうがいい。自省も込めています。

 阪神大震災のときは無論、弘前市に住んでいる俺に実害はなかった。なかったけど、鮮明に覚えています。その頃、俺はまだ高価だった(最低でも20万円前後)パソコンを買うために、毎日、新聞配達に明け暮れていました。で、当時は新聞のチラシ封入も配達員の仕事で、100部あまりの新聞にチラシを挟むことから一日がスタートしていました。当然、新聞の一面は目に入ります。震災の死者数が最初は2000人ぐらいだったのに、翌日には3000人、その翌日には4000人という具合に増えていき、どこまで増えてしまうんだろう?と心配になったものでした。最終的には6500人ほどでしたか。

 で、去年の大震災。これは実害もありました。まず停電。そして、アブラや物資の不足。スーパーの陳列棚がガラーンとしており、遅く開店して、早めに閉店。ガソリンスタンドには長蛇の列で、中には便乗値上げもする悪質な店もあったと聞きます。ハイオク満タン……にはマニーがあってもできません。レギュラー10L限定。平成のオイルショックですよ。5月頃まで余波が残っていたように記憶しています。人的被害が微小だったので他地区の方は覚えていないでしょうが、昨年の4月上旬にも強い揺れがあり、北東北では再度、停電に追い込まれています。このときにも給油に苦労しました。しかも、オヤジを青森空港まで送っていかなきゃならんときで……。都合よく、青森で地震が起こるときにはオヤジはヨソへ出かけたり、そもそも不在だったりします。運がいいのか何なのか(笑)

 人的被害がないから大きな話題になりにくいですが、今も毎日のように震度3以上の地震が起こっています。非常食はもちろんのこと、携帯の外部充電器や予備のガソリンなども用意しておいたほうがいいのかも、と改めて思った次第です。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年ダイオライト記念回顧 | HOME | 12年中山牝馬S回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |