ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年黒船賞展望

 明日は高知で黒船賞、明後日は浦和で桜花賞、明々後日は名古屋で名古屋大賞典とビッグレースが続きます。地方競馬の今年の回収率が0%という悲惨な現状を明日からの3日間で打破できるでしょうか。中央競馬は調子いいんだけどなあ。うーん。まず明日の黒船賞の展望ですが、地方馬はノーチャンスでしょう。船橋から前走でS3の報知GPを勝っているケイアイライジンが出走しますが、S3を勝つにも難儀しましたし、昨秋のオーバルSPでダイショウジェットにちぎられています。半年でその差が埋まったとは思えない。しかも遠征競馬です。というわけで中央5頭の争いなのは必至。

 ・スーニ……いわずと知れたダートスプリント王。低迷した時期もありましたが、昨夏から復活の4連勝。一昨年のこのレースの覇者でもあり、条件も問題なく59kgも背負いなれています。人気でも逆らえないと思います。オルフェーヴル並みの暴走でも勝てるはず。

・ダイショウジェット……気づけばもう9歳。中央の重賞では勝ちあぐねていますが、それは今に始まった話ではない。地方馬よりは強いでしょうし、スーニ以外の中央馬と大きな差があるとも思えず、連下は十分ありうる。

・アイルラヴァゲイン……もう10歳。長期休養明けのオーシャンSブービーからの参戦。2年前の春にダートのOPを勝ってはいますが、ピークを過ぎているのは明らかですし、1つ叩いたぐらいで変わるでしょうか。これを買うぐらいならケイアイライジンのほうがマシ。

・セイクリムズン……ダート短距離の安定勢力。前走のフェブラリーSは大敗しましたが、マイルは長いんでしょう。実績ある1400なら巻き返していい。ただし、この半年でスーニと3戦して3回とも完敗。スーニを逆転するまではどうでしょうか?無論、連下としては有力。

・トウショウカズン……フェブラリーSではこの馬も大敗しましたが、準OP、OPと連勝して、根岸Sでは2着。充実著しい。鞍上はユタカ。交流では地方トップジョッキー並みに今でも頼りになります。スーニを負かすとすれば未対決のこの馬しかないと思います。黒船賞だから父クロフネのこの馬が勝ってもいい(笑)

 実質5頭どころか4頭立てです。スーニが飛べばトウショウカズンとセイクリムズンの馬複でも30倍はつきそうですがそれは無理難題と思えます。故障でもなければ不利を受けてもスーニが連、3着を外すとはとても考えられません。ガミらないように買うのが難しいです。ピイラニハイウェイが低人気をあざ笑って連に絡んでいますが、アイルラヴァゲインでは無理でしょう。

◎スーニ
○トウショウカズン
▲セイクリムズン
△ダイショウジェット
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年名古屋大賞典展望&黒船賞回顧 | HOME | 12年スプリングS&阪神大賞典回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |