ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年皐月賞展望

 ローカルな話題から入りますが、弘南電鉄弘南線には「尾上総合高校前」という駅があります。が、この高校、新規入学募集を停止しました。すると駅の周りには何もない。いや、既に田んぼの中なんですけどね。一番近くの目ぼしい建物はWINS津軽だと思います。というわけでWINS津軽駅にすると面白い(笑) 大した額でもないだろうし、JRAがネーミングライツ(命名権)を買えばいいのになあって思います。ちなみにこの辺りはパチンコ店も複数あり、船券売り場(ボートピア)もあり、青森県随一のギャンブルスポットと化しています。まあ、首都圏で言うところの武蔵野線がギャンブルラインと呼ばれるのに似ている。それはさておき今週は皐月賞。まずは各馬の短評から。

・コスモオオゾラ・・・弥生賞勝ち馬。前残りで外が伸びない馬場状態でしたが、前にいたトリップを捕まえての完勝ですから、トリップよりは上。中山適性も十分。その弥生賞はフロック視されているので、複穴としては面白そう。

・トリップ・・・大崩れしない安定感は魅力ですが、さすがにGI。このメンバーで好走できるかは微妙。有力どころも渋馬場を苦にしないのが明らかなので、たとえ渋ってもアドバンテージもない。父母を見るとダートでの走りを見てみたい。
   
・アーデント・・・この馬も安定感ありますし、渋馬場も良さそうですが、それは他馬も同じであり、実績的に見劣ります。ダメという点もないのですが、強調材料にも乏しい感じ。今年の弥生賞組はみんなそうですね。
   
・グランデッツァ・・・スプリングSを含む重賞2勝。鞍上もデムーロ兄。馬も人も実績上位。33秒台の上がりを求められるようなレースでは未知数ですが、皐月賞はそんなレースにはなりませんし、勝ち負け必至。

・ディープブリランテ・・・ずっと一番人気でしたが、さすがに今回は人気が落ちました。身体的にはいい物があるのは認めますが、気性面での成長がないうちは勝ち負けまでは厳しいように思えます。連下までじゃないでしょうか。

・ロジメジャー・・・父と同じスプリングS3着からの参戦。キャリアが浅いのも同じですね。鞍上もアンカツさん。ただ、前走での1,2着馬との差は1ヶ月やそこらで埋めるには厳しいものがあると思います。
  
・ワールドエース・・・きさらぎ賞勝ち馬。4戦4連対で底を見せていません。問題は人気に推されると不安な鞍上でしょうか。他の人気馬と未対決なので、ここでも勝ちきるかもしれないし、通用しないかもしれない。オッズ次第。

・メイショウカドマツ・・・うーん、この戦績ではどうですかね。トライアルを2度使っているというのも上がり目に乏しそう。

・ゴールドシップ・・・5戦5連対と抜群の安定感。これまでの戦績を見ればグランデッツァとほぼ互角と言えそうです。父と母父を見ると成長力も伺えますので、ここでも勝ち負けしていい。初の中山ですが苦にするタイプにも見えません。

・マイネルロブスト・・・朝日杯、京成杯2着馬。大敗が重と不良なだけに渋るのは良くないのかも。人気の落ちそうなここはねらい目かもしれません。アタマは厳しいでしょうが連下なら。

・モンストール・・・新潟2歳S勝ち馬。スプリングSは休み明けでしたからまずまずといえなくもないですが、一叩きしても前走の上位2頭相手に勝ち負けできるかと言えば微妙。中山向きではないような気もします。

・アダムスピーク・・・ラジオNIKKEI杯勝ち馬。前走は伸びあぐねて8着。あれが実力だとは思いませんが、一方でNIKKEI杯も大外ぶん回しの1,2人気馬に対して上手く立ち回った感が否めない。連下まででしょうか。

・ゼロス・・・FF4でこんな名前を見たような・・・と思ったらゼムス/ゼロムスですね。微妙に違った。既に11戦して上がり目もなさそう。それと平坦巧者と思われます。夏のローカルで会いましょう。

・ベールドインパクト・・・すみれS勝ち。大崩がないですが、きさらぎ賞でのワールドエースとの差を考えると、ここで好走できるかどうか。ワールドエースが勝つと思えるならヒモで買えそうですが。

・スノードン・・・人気よりは走れそうですが、さすがにこの実績で勝ち負けを期待するのは酷でしょう。

・フジマサエンペラー・・・この馬も安定感がありますし、叩いた上積みもあるでしょうが1勝馬というのは印象も良くない。

・サトノギャラント・・・休み明けでスプリングS4着。3着とはハナ差。叩いた上積みも大きいでしょうし、最大の穴馬かもしれません。重賞勝ち馬との差は大きいでしょうがまだ底が割れていないのは強み。

・シルバーウエイブ・・・2戦2勝。2戦とも不良馬場。渋れば大穴で一考。ただ、キャリア2戦でクラシックを制したのはフサイチコンコルドのみ。しかもフサイチの場合はOP勝ちがありました。この馬にそれだけのものがあるかはどうか?

◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で5着以下:アダムスピーク
・前走・スプリングSで4着以下(京成杯勝馬を除く):モンストール、マイネルロブスト、ゼロス、サトノギャラント
・前走・若葉Sで6人気以下:いない
・前走がTR以外で負けている:スノードン、フジマサエンペラー
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:
・3ヶ月以上の休み明け:いない
・中2週以内:
・キャリア3~9戦ではない:ゼロス、シルバーウェイブ
・中山芝に出走済で3着内の実績がない:アダムスピーク、スノードン、ゼロス、モンストール

 残ったのはトリップ、メイショウカドマツ、アーデント、ディープブリランテ、ベールドインパクト、ワールドエース、ゴールドシップ、コスモオオゾラ、ロジメジャー、グランデッツァの10頭。

 軸はグランデッツァ。おそらく1人気でしょうから単複勝負はしづらい。軸で流します。実力、実績的にはワールドエース、ゴールドシップも遜色ないのかもしれませんが、ゴールドシップは共同通信杯からというローテが気になります。ワールドエースは鞍上が不安です(笑) 世代唯一の重賞2勝馬で前哨戦を完勝、姉が桜花賞馬、鞍上は皐月賞ハンターのデムーロ。そして前走は調教がピリッとしていなかったようですが、今回は動いていますね。叩いた上積みもありそう。死角なしと判断します。

 トライアルを2度使ってしかも勝ちきれないメイショウカドマツ、ワールドエースに完敗しているベールドインパクト、スプリングSで突き放された3着のロジメジャーは厳しいでしょう。弥生賞組は下馬評よりはやれると思っていますが、展開は向いていたのに交わされたトリップ、決め手に欠けるイマイチくんのアーデントは軽視。普通に勝ち馬だけを評価。グランデッツァからの有力どころへの流し……だとガミかな?オッズを見て買い目をいじるかもしれませんが評価としては下記。

 ◎グランデッツァ
 ○ワールドエース
 ▲ゴールドシップ
 △ディープブリランテ
 △コスモオオゾラ
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年皐月賞回顧 | HOME | デジタリアン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |