ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年天皇賞・春展望

 明日からゴールデンウィークですが、競馬もかきいれ時です。土日の中央重賞はもちろん、連日のように交流重賞も開催されます。芝よりもむしろダート戦線のほうが気になっています。交流重賞展望は……後日、ひとまとめで述べる予定。いつものように各馬の短評から。ヒモ探しでしょうがないよなあ……。

1-1 ビートブラック……去年と同じく1枠1番。昨年の今頃は飛躍を期待していましたが、この1年は未勝利。連対したのも京都大賞典のみ。京都の長丁場がベストとは思いますが、今年よりは勢いのあった昨年でも7着まで。今年はどうでしょうね?

1-2 トウカイトリック……もう10歳。ディープインパクトと同期。そのディープが勝った春天から7年連続の出走となります。さすがに衰えは否めないところですが、歳を考えれば頑張っています。掲示板ならあってもいいし、3連の大穴では面白いかも。

2-3 ナムラクレセント……この馬も昨年と同じ2枠3番。一瞬、去年の馬柱を見ているのかと勘違いしたほどです(笑) 3000mを超えるレースでは大崩していません。決め手に欠ける点は否めませんが、前走を見てもバテない馬です。今年も連下としては注目。

2-4 モンテクリスエス……ダイヤモンドSを勝ったのも3年あまり前。直近で勝ったのも2年あまり前の仁川S。長いところが合うのは間違いないですが、決め手がないし、スタミナでもナムラクレセントらに比べて見劣る感。馬券になるのは厳しいんじゃないでしょうか。

3-5 ジャガーメイル……一昨年の勝ち馬。昨秋は人気薄ながらJCで3着に食い込み健在を示しました。前走は5着でしたが、このレースを勝っていますし、警戒は必要でしょう。

3-6 ゴールデンハインド……今年の万葉Sの勝ち馬。クロフネ×ゴールドティアラで芝のステイヤーってのが面白い。ラクに逃げさせてもらえれば残る目もあるかなとは思います。ただ、けっこう人気してますね。前日昼間で単66倍ですが、これは四冠馬に人気が集中してるからですし。

4-7 ユニバーサルバンク……逆にこの馬は人気してない感じがします。京都で2勝していますが、菊花賞で9着だったのが印象悪いのかな。確かに3000mはちょっと長いのかもしれません。ただ、この人気だと馬券的な妙味は十分あるように感じます。

4-8 ギュスターヴクライ……充実一途。ここ9戦は3着内でだんだん着順が良くなっています。何より滅茶苦茶な走りだったとはいえ四冠馬に土とつけた事実。距離もコースも問題ない。相手候補の筆頭でしょう。鞍上が先週復帰してから絶好調の蛯名に手が戻るのも好材料。

5-9 コスモロビン……準OPまでしか勝っておらず、京都コースも走ってない。新潟でも勝っていますが、中山巧者の感もあり、京都がベストではないような気がします。鞍上に勢いがありますが、ここでは荷が重いように思います。

5-10 ケイアイドウソジン……今年のダイヤモンドS勝ち馬。ただ、ダイヤモンドSはハマった感が否めず、前走がこの馬の実力じゃないかと思います。これといった京都実績もない。苦戦必至。

6-11 ウインバリアシオン……意外にも前日昼間は2番人気に推されています。ユタカ人気?前走でネコパンチに逃げ切られたもののルーラーシップを抑えたのが評価されているんでしょうか。ただ、単では買えないですよね。オルフェーヴルとの勝負付けは済んでいる。もちろんヒモでは注目ですが。

6-12 クレスコグランド……休養明けの前走で3着好走。京都新聞杯を勝っているように条件はいいのですが、石坂師は「休み明け2走目がGIの長丁場というのは厳しい感じもする」とのコメント。良化してもここでは厳しいのかも。人気も微妙なところで妙味があるとまではいえない。

7-13 フェイトフルウォー……菊花賞は7着。重賞2勝はいずれも中山。京都の長丁場向きではないように思います。一回りスケールダウンしたドリームジャーニーというタイプでしょう。ここは面子もそうですが、適性もないように感じます。

7-14 ローズキングダム……昨秋、京都大賞典を制していますが少頭数で面子も微妙でした。すっかりGI2勝の看板は色あせました……が、バラ一族だけに京都でこそと思います。昨年のこのレースでは大敗していますが、乗り方一つで2,3着は合ってもいいと思っています。

7-15 ヒルノダムール……昨年の勝ち馬。昨年の大阪杯、春天と馬が変わってきたのかなとも思ったのですが、春天の後はそれまで通りの善戦マンに戻ってしまいました(笑) もちろん去年の勝ち馬ですから適性は問題なく、近走もそれなりですが、今年は怪物が一頭いますし連下まで。しかも、来るかもしれませんが妙味はないなあ。

8-16 トーセンジョーダン……前走は状態一息でしたが、連勝中のフェデラリストに食らいついていたところに地力を感じました。叩いて状態は良くなっている。ただ、京都の長丁場向きって感じがまるでしません。京都の新馬戦で6着に負けているところにすべてが詰まってそう。ここで負けてもらって宝塚記念で見直したい。地力で3着まで来られたら仕方ない。

8-17 トウカイパラダイス……条件戦を連勝しての参戦。京都の長いところで安定して走っているので適性は問題ないですが、いかんせん重賞も走ってない馬がいきなり古馬GIでは厳しすぎる。鞍上も地方出身のいぶし銀って雰囲気になってきましたし、花のあるここで来るイメージはわかない(失礼)

8-18 オルフェーヴル……四冠馬。暴れ馬。前走、暴走の先頭から急ブレーキで事実上の最後方。そこからアクセル前回で2着と滅茶苦茶でした。今回も前走同様に大外枠というのは良くないし、本質的には兄同様に2200ぐらいが良いのだろうとは思います。ただ、絶対能力が違いすぎますし、池添も前走を踏まえて前にカベを作ろうとはすると思います。故障しなければ必勝でしょう。

☆チェックポイント☆
・牝馬……いない
・京都芝と重賞の連対歴が共になく、前走4着以下……コスモロビン
・前走・条件戦、OP特別(大阪HC除く)……トウカイパラダイス
・前走・大阪HCで3着以下……モンテクリスエス、ゴールデンハインド、クレスコグランド
・前走2着以下の7歳以上馬……トウカイトリック、ジャガーメイル、ナムラクレセント
・前走・阪神大賞典で5人気以下……ビートブラック、トウカイトリック、ナムラクレセント

 残ったのはユニバーサルバンク、ギュスターヴクライ、ケイアイドウソジン、ウインバリアシオン、フェイトフルウォー、ローズキングダム、ヒルノダムール、トーセンジョーダン、オルフェーヴルの9頭。

 オルフェーヴルには逆らえないので相手探し。短評に書いたように適性あるいは能力的に怪しいと思えるケイアイドウソジン、フェイトフルウォー、トーセンジョーダンは消します。

◎オルフェーヴル
○ギュスターヴクライ
▲ウインバリアシオン
△ローズキングダム
△ヒルノダムール
△ユニバーサルバンク

 ◎-○▲-△の3複フォーメーション7点で。◎○▲でも8倍強はつきそうでガミは回避できそうですし、ローズキングダムやユニバーサルバンクが絡めば高配当も見込めます。8-14-18でも70倍弱?ローズキングダムもなめられたなあ。バラ一族らしく2,3着ってセンはあると思っているのですが。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年天皇賞・春回顧 | HOME | オーディオ交換>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |