ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年ヴィクトリアマイル展望&京王杯SC回顧

 昨日は府中で京王杯SC、京都で京都HJが行われました。京王杯は昨年のクラシック戦線で善戦したサダムパテックが復活の狼煙を挙げました。1400がどうか?と思いましたが、ウイリアムズ騎手の激に応えて鋭く伸びて完勝。サダムパテックと一緒に伸びてきたインプレスウイナーの内から伸びたレオプライムが3着。枠連で買っていましたが7枠も3枠も買っていないので直線では早々と諦めました(笑) 

 サダムパテック以外の人気馬は軒並み撃沈。一番人気のサンカルロは「3度目の正直」なのか「2度あることは3度ある」のどちらかと思われましたが、やっぱり今年もこのレースでは人気で飛びました。人気薄でも昨年の勝ち馬が勝つってことはままありますが、過去に好走していないのに、今年は勝つってことはちょっと記憶にないです。GI馬のグランプリボス、ジョーカプチーノもいいところはありませんでした。

 安田記念の前哨戦がすべて終わりましたが、どの馬が有力なのかさっぱり分かりません。このレースの人気もばらけましたが、本番もばらけそうですね。単10倍以下が5,6頭、出走馬の過半数が単20倍以下なんて大混戦が目に浮かびます。安田記念はともかく、今日は自信もなかったし、ケンすべきだったなあと思いました。反省。

 京都HJでは圧倒的人気のバアゼルリバーが見せ場なく大敗。その他の人気馬が上位を占めました。勝ったのは9歳馬のエムエスワールド。ステイゴールドの初年度産駒で、ちゃんと調べていませんが、最初のOP馬でもあったはずです。足掛け7年。ついに重賞制覇です。「ノーザンテースト産駒は3度成長する」と言われていましたが、「ステイゴールド産駒は2度成長する」と思っています。

 今日のメインはヴィクトリアマイル。今年で7回目ですし、牝馬限定ですし、あんまりGIって感じはしませんね。というわけで今回は短評は省略です。ごく一部の期待されている方、ごめんなさい。去年は単を的中していますが、消去法は3着まで拾えていたので、チェックポイントも昨年の流用です。

☆チェックポイント☆
・6歳以上馬……グランプリエンゼル、フミノイマージン、チャームポット
・GI馬以外で12番より外枠……ホエールキャプチャ、チャームポット、オールザットジャズ、エーシンハーバー、ドナウブルー、レインボーダリア、アスカトップレディ
・中1週以下/中2ヶ月以上……ホエールキャプチャ、ドナウブルー
・前走が重賞ではない……レインボーダリア
・前走が阪神牝馬S以外の牝馬重賞で負けている……マイネイサベル、アニメイトバイオ、ホエールキャプチャ、ドナウブルー、アスカトップレディ
・前走がダート……いない

 残ったのは、マルセリーナ、レディアルバローザ、キョウワジャンヌ、スプリングサンダー、アパパネ、クィーンズバーン、アプリコットフィズの7頭。

 この中ですとさすがにキョウワジャンヌは前走負けすぎです。スプリングサンダーはマイルを5走しながらまったく実績がありません。今年より勢いのあった去年でも6着。勝ち負けは厳しいでしょう。アプリコットフィズはベストの条件、前走で牡馬相手に惜敗というのは実に良いのですが、鞍上がGIで頼りない方なので消しで。むしろウイリアムズのドナウブルーが怖い。馬はともかく人が何とかしてしまいそうで(笑)

Bクィーンズバーン
Bマルセリーナ
Bアパパネ
Bレディアルバローザ

 1枠と4枠で。枠連1-1、1-4、4-4。1-4は厚めに。でも、枠1-4でも8.3倍かあ。意外とつきますね。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年ヴィクトリアマイル回顧 | HOME | 『Restart』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |