ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年さきたま杯展望

 地方でのダートグレードレースはかきつばた記念以来、久しぶりとなるの浦和のさきたま杯です。昨年は久しぶりに地方勢が奮起し、船橋のナイキマドリードが勝ちましたが、今年は厳しそうなメンバーだなあ。確定馬柱を見て、ラブミーチャンの名前がないことにもガッカリしました。また、クラーベセクレタもここで中央の牡馬相手にどれだけやれるのかを試してほしかったところ。まあ、いない馬のことを語ってもしょうがないので、このレースの展望です。

 タンゴノセック、グランシュヴァリエの高知の2頭には敷居が高すぎる。タンゴノセックは南関時代にもA2を勝つのがやっとの馬で、それから衰えもあるだろうし、ここで通用するはずがない。グランシュヴァリエも南部杯での驚きの3着から、もう1年半あまりも経っており、高知や福山でなら楽勝できてもここではj掲示板に載るのも厳しいでしょう。

 地元の南関勢ですが、去年の勝ち馬であるナイキマドリードが出走しています。前走から1F伸びるのも、浦和で走るのもプラスと思えますが、鞍上がぼっちゃんですか。戸崎なら確実に買い目に入れねばと思うのですが、ぼっちゃん騎乗で非常に悩ましい。テイエムカゲムシャ、タイガーストーン、クレイアートビュンはグランシュヴァリエに先着できるかも疑わしい。

 トーセンピングスは南関移籍後は連を外していませんが、ケイアイゲンブに負けているレベルで通用するとは思えない。4走前にこの馬をぶっちぎって勝ったピエールタイガークラスでどうにかなるかもってところじゃないでしょうか。残るはスターボードですが、前走でセイクリムズンと0.4差3着で戸崎騎乗。川島厩舎的にはこっちに自信があるのかな……?地方馬で買うならこの馬だけでいい。それでも3着候補としてですが。

 中央からはスーニ、トウショウカズン、セイクリムズン、ダイショウジェットの4頭。前走同様に単130円とかでしょうが、セイクリムズンでしょうがないと思います。地方の1400では4戦4勝です。1200を含めても地方で連を外したのは昨秋の東京盃の4着のみ。軸は堅い。トウショウカズン、ダイショウジェットも当然抑えます。あるいはどちらかはアタマまであるかも?

 問題はスーニです。またスランプに突入の模様。ただ、この馬の全成績を眺めてみると……夏場がダメなんじゃないかと思います。5月~8月は今ひとつ冴えません。前走もあまりにもひどい内容でしたし、ここは静観したほうがいいような。どうせ2,3人気にはなるわけで買っても妙味もない。セイクリムズンを外さないならなおのことです。

◎セイクリムズン
○トウショウカズン
▲ダイショウジェット
△スターボード
△ナイキマドリード

 買い目はまだ決めていませんが、◎⇔○▲の馬単裏表か、◎-○▲-△の3複5点のいずれか。オッズを見ないことには交流重賞は買えません(笑)
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年さきたま杯回顧 | HOME | 最高の気分だね。ガキ負かすのはね、、、カッハッハッハーッ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |