ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年帝王賞回顧

☆帝王賞予想結果☆
◎エスポワールシチー…2着
○テスタマッタ…………3着
▲ランフォルセ…………8着
△ゴルトブリッツ………1着

 直前まで1人気はゴルトブリッツでしたが、最終的にはエスポワールシチーが1人気となりました。しかし勝ったのはゴルトブリッツ。3連勝でJpnI初制覇となりました。混戦の2~4着はエスポワールシチー、テスタマッタ、シビルウォーの順。5着もミラクルレジェンドで掲示板は中央勢が独占。地方馬最先着は6着のトーセンルーチェでした。逃げたランフォルセは直線失速の8着。園田の気鋭・オオエライジンは10着と大敗しました。

 ゴルトブリッツは3角過ぎにエスポワールシチーが仕掛けてペースアップしたときも手ごたえ十分に見えました。直線でランフォルセが力尽きて、ゴルトブリッツ、エスポワールシチー、テスタマッタの三つ巴か?と思いましたが、一瞬で2頭を置き去りにして、3馬身半差の完勝。ディープインパクトの甥という良血馬がついに本格化。ダートに転向してからは本格化途上の東京大賞典以外は、鼻出血、心房細動と明確な敗因があり、底を見せていません。今はまだスマートファルコン、トランセンド不在の暫定王者ですが、正規王者になる日ももうすぐに思えます。まだ5歳。これからはこの馬の時代でしょうか。中央でも地方でも苦にしないのがいいですね。

 エスポワールシチーは現状の力は出し切っていると思います。これが精一杯。それでも追いすがるテスタマッタを押さえ込み、急追してきたシビルウォーも振り切りました。面子次第でもう一つぐらいは勲章を取れてもいい。テスタマッタはあの位置でエスポを交わせないというのはどうなのか?折り合い難のある馬ですので、思うような位置をキープするのは難しいんでしょうが、理想的にはもう少し後ろで脚を溜めて爆発させたかったところじゃないかと思います。馬群から離れていたシビルウォーでしたが、直線で弾けてあわや2着か?という脚でした。ただ、自分で競馬を作れない馬ですし、展開の助けもあってもこれが限界でしょうね。

 ランフォルセは馬体重の増減が激しすぎますね。毎回10kg以上の増減。2F伸びて、条件はかしわ記念より良いと思えましたが、馬の状態がもう一つだったのかなあ。ミラクルレジェンドは伸びずバテずの5着。牡馬一線級ではこの程度なのかな。そのミラクルレジェンドの1馬身後ろのトーセンルーチェ。妥当な着順ですが、これでは交流に目処がついたとは言いがたい。中央の一線級は出ない浦和記念で馬券になるかというレベルじゃないでしょうか。ボランタス級。オオエライジンは見せ場もなく、グランシュヴァリエにも先着されてしまいました。兵庫GT3着、佐賀記念5着ならこんなものかな。JpnIを勝てとは言えないので、いつかJpnIIIを勝ってくれたらそれでいい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おすぷれい | HOME | 12年帝王賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |