ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年CBC賞回顧

 宝塚記念と帝王賞の春の芝、砂のグランプリが終わり、テンションがやや下がり、あまり考えずにCBC賞はマジンプロスパーの単、ラジオNIKKEI賞はサンレイレーザーの単を買いました。結果はCBC賞は当たり、ラジオNIKKEI賞はハズレ。当初はCBC賞は買わずにサンレイレーザーの単複にしようかとも思ったのですが、考え直して良かった。浜中ありがとう(笑)

 CBC賞の1人気はダッシャーゴーゴーでした。過去2年の覇者ですから人気で当然ですが、得意のレースでマジンに届かないどころか、出遅れたスプリングサンダーにも交わされてしまいました。緩やかですが衰えているように感じます。もうGIどうこうは言えないんじゃないかなあ。まあ、バクシンオー産駒全般がGIでは勝負弱いですしね。

 勝ったマジンプロスパーは阪急杯に続いて重賞2勝目。大魔神・佐々木さんは今年だけで重賞3勝ですか。景気がいいなあ。ヴィルシーナはともかく、マジンプロスパーは父アドマイヤコジーン、母父バブルガムフェローと良血とは言いがたいのですが、よく走りますね。ソツないスタートから道中3,4番手から抜け出す正攻法で完勝。GI制覇も視界に入ってきたと思います。

 スプリングサンダーは阪急杯に続いてマジンの2着。同じレースで連対していることから、マジンと適性が似ている。1200よりは1400のほうが合ってそうですし、府中や京都よりも阪神や新装中京が合っているんだと思います。エーシンヒットマンは準OP連勝からの参戦でしたが、やはり重賞でもまれていた馬には力負け。

 ラジオNIKKEI賞は荒れることが多いですが、それでも最近は落ち着いた配当が多いですね。今回は2人気と1人気でしたし。まあ、3着に穴の江田照が人気薄を持ってきて、3連馬券は大波乱になりましたが。勝ったファイナルフォームは鮮やかでしたが、ここを勝って大成した馬の記憶がありません。調べてみると1992年のシンコウラブリィ以来ここを勝ってGIを制した馬はいません。あとはGIは勝ってないけどヴィータローザぐらい?ケイアイガード、アロマカフェ、フレールジャック級の予感。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年スパーキングレディーC展望 | HOME | おすぷれい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |