ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年ジャパンダートダービー回顧

★JDD予想結果★
◎ストローハット………7着
○オースミイチバン…4着
▲トリップ……………2着
△ハタノヴァンクール…1着
△ホッコータルマエ …5着

 人気は拮抗していましたが最終的にはダートで4戦無敗のハタノヴァンクールが1人気。そして勝ったのもハタノヴァンクールでした。2着に逃げねばったトリップ。3着に3角からまくった羽田盃馬のアートサハラでした。ストローハットは3角でペースアップした際についていけず7着に大敗。オースミイチバンとホッコータルマエもアートサハラを捕まえられずの4,5着。フリートストリートは休み明けが響いたか、金沢のアルドラの後塵を拝する惨敗でした。

 淡々とした流れでフリートストリートが向こう正面まで引っ張っていましたが、3角手前でアートサハラが羽田盃同様のまくりを見せて一気にペースアップ。それに合わせてトリップも負けじと加速して、直線では抜け出して突き放しましたが、ハタノヴァンクールは他とは違うキレを見せ付けてゴール前で差しきり。ハタノヴァンクールは差をつけて勝ちませんが、それは相手も強いってこともあるでしょうし、馬が競馬をよく分かっている感じがします。これでダート5戦無敗。どう見てもここ2年の勝ち馬よりは上ですし、少なくともテスタマッタ、サクセスブロッケン級の能力はありそう。世代交代を果たす馬かもしれません。先々が非常に楽しみです。

 トリップはやっぱりダート適性がありました。勝ちパターンだったと思うのですが、相手が悪かったという他ない。芝で重賞を勝てるかと言えば微妙ですし、今後はダート戦線で行くでしょうね。一応の結果も出ましたし。ダートでなら重賞にも手が届くでしょう。アートサハラは羽田盃と同じようなマクリ。ただし、相手は中央馬。トリップをまくりきることができず、ハタノヴァンクールの決め手にも屈しました。それでも、追いすがるオースミイチバン、ホッコータルマエを振り切ったのは評価できます。JDD3位入線は去年のクラーベセクレタと同じですが、去年の中央馬と今年の中央馬では今年のほうが面子が上と思えるだけにアートサハラの今後にも期待したいです。

 オースミイチバン、ホッコータルマエは3角でペースアップしたときになんとかアートサハラに食いついていきましたが、直後までつけながら最後まで交わせませんでした。馬が弱かったとも鞍上がへぐったとも思いませんが、アートサハラ&今野とは地の利、経験の差だと思います。ストローハットはその3角でついていけなくなりました。フジキセキ産駒というのもありますが、2000はやや長いのかもしれません。特に今回のようにロングスパートで底力を問われるような展開では。フリートストリートは休み明けもありましたし、他の中央馬と比べると戦っていた相手が弱かったように感じます。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『○○すぎる□□』 | HOME | 12年ジャパンダートダービー展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |