ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年マーキュリーC展望

 盛岡で年に3回だけの交流重賞・マーキュリーCです。存廃論議がなされている岩手競馬です。交流重賞が3つってのは現状多いように思います。岩手よりは確実に財政状況が良いであろう名古屋や園田で交流重賞3つですから。マーキュリーCやクラスターCは残るに越したことはないですが、カツカツの状態なら休止したほうがいいのでは?とも思います。財政状況が改善したら復活させればいい。南部盃はギリギリまで残して欲しいですが。JpnIが無くなる影響は大きい。正直、マーキュリーCとクラスターCの2つをつぶしてでもJpnIのダービーGPは残して欲しかったと思っています。それはさておき、マーキュリーCの短評です。

1.カツヨトワイニング…高知で重賞を勝てない馬が交流でどうにかなるはずもない。事実、今年、名古屋大賞典、マリーンCと2度交流で走っていますが、いずれも7着。むしろ7着に来れていることが驚き。岩手馬になら勝てるのかも。

2.トーホクキング…今年に入って6戦5勝2着1回。伝統のみちのく大賞典も制しています。ただ、時計が2分10秒3……?遅すぎ。例年のマーキュリーCの勝ち時計は2分4~5秒台です。前走から5秒も時計を詰められるはずもない。

3.トウホクビジン…かつては交流でも何度か掲示板に載ったこの馬も、最近では地元東海のオープン競争でさえ馬券になれない。岩手馬相手は分かりませんが、中央馬にかなうはずもない。

4.フリソ…中央馬のフリソ。手薄な面子だった昨年の日テレ盃の2着はあります。正直、そのときと大して変わらぬレベルの中央馬。好走は普通にありそうです。

5.アスペクト…今年の岩手ダービー馬。ただし、古馬相手のみちのく大賞典では惨敗。その勝ち馬のトーホクキングでさえ通用すると思えないのに、この馬がどうにかなるとはまして思えない。

6.ピイラニハイウェイ…人気薄をあざ笑うかのように佐賀記念制覇、続くダイオライト記念も2着。好走必至でしょうが、抜けた存在とまでは言えません。

7.ナムラハンター…中央から南関へ。南関でも通用せず高知へ。高知ではA2を勝ちましたが、遠征した園田では歯が立たず。ここで通用する余地はないでしょう。

8.ツカサゲンキ…前走ではトーホクキングに負けましたが、前々走では逆にトーホクに勝っています。どっこいの実力なんでしょう。岩手馬としては上位なんでしょうが、中央馬相手は荷が重過ぎる。

9.グランドシチー…芝でのデビュー戦と4走前の平安S以外は堅実に走っています。東京でも函館もOP2着ですし、コースの不得手はなさそう。人気次第ではアタマで狙ってみたい。

10.カミノヌヴォー…昨年、ダービーGPで地方他地区馬を一蹴し、桐花賞も制しましたが、今年は未勝利。南関時代はB3で通用しなかった馬です。中央馬相手にどうこうできるとは思えない。

11.スエズ…前々走で準OP勝ち。そして休み明けの前走は大敗。大敗が昇級したからなのか、休み明けだからなのか。それと条件馬時代に大井の準重賞を走って大敗しているのが気がかりです。

12.イーグルビスティー…大井でずっとB級だった馬です。高知では好走していますが、その後、古巣の南関へ遠征してもやっぱり通用せず。ここでは厳しいと言わざるを得ません。

13.シーアクロス…高知からの遠征馬。実力もそうですが、今回の2000という距離も長いかもしれません。

14.シビルウォー…交流重賞2勝と今回の面子では実績最上位。帝王賞でも勝ち馬はともかく、2,3着のエスポワールシチー、テスタマッタとはタイム差なし。実績から言ってこの馬が1人気でしょうか。ただ、他力本願の脚質なので、取りこぼしても不思議は無い。

 南関の重賞クラスでも出てくれば面白かったのですが、そういう馬はわざわざ遠征してくれません。結果、中央馬と岩手馬、高知馬。あと金沢と笠松から1頭。中央の5頭で十中八九というか、もはや九分九厘決まり。実質5頭立てですから複式馬券は配当的に買えません。ピイラニとシビルが絡めばガミ必至。どちらかが飛んでも大した配当にはならない。

◎シビルウォー
○ピイラニハイウェイ
▲グランドシチー
△フリソ

 盛岡は直線が長いですし、中央馬に逃げ馬もいない。これならシビルウォーも置いていかれることもなさそうですし、差し脚が決まるんじゃないかと見ます。人気でしょうがシビルウォー1着固定。そして、ピイラニを2,3着付けの3単4点で。さすがに3単4点ならガミらないんじゃないでしょうか。もし、ピイラニが3着なら15倍やそこらもつくんじゃないかと。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年マーキュリーC回顧 | HOME | 文月徒然日記>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |