ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年マーキュリーC回顧

☆マーキュリーC予想結果☆
◎シビルウォー………1着
○ピイラニハイウェイ…8着
▲グランドシチー……2着
△フリソ………………3着

 これと行った逃げ馬もおらず、予想通り地方馬の引っ張るゆったりとした流れ。この流れだとシビルウォーもラクに好位につけられ、4角先頭から突き放すだけの圧勝でした。不良馬場もあってか2:02.1とレコード決着。4馬身差の2着にグランドシチー。3着はフリソでした。3人気のピイラニハイウェイは良い所なく8着大敗。地方馬最先着は岩手のトーホクキングが意地を見せて5着でした。

 大した面子でもなかったこともありますが、ゆったりした流れと不良馬場もシビルウォーには合っていたのかもしれません。現状の賞金ではJpnIに確実に出られる保証もないので、賞金を加算できたのは大きかったのではないでしょうか。GIクラスの逃げ馬と走ったときにもそれなりの位置につけられるかどうかが今後の課題でしょう。次にどこを使うかも気になります。

 グランドシチーは中団後方から徐々にポジションを上げ、4角ではシビルウォーの直後まで来ましたが、直線では突き放されてしまいました。末脚の差。そして、ここまでの経験の差でしょうか。JpnIでも好走していたシビルウォーに対してグランドシチーは重賞2戦目ですから。ただ、地方の馬場も苦にしないのが分かったのは収穫でしょう。

 3着争いは直線でフリソ、スエズ、トーホクキングがもつれる展開でしたが、最後はフリソが抜け出しました。これも格の違いでしょうか。重賞実績もあるフリソに対して、スエズは重賞(ダート)出走さえないですので。スエズは前走大敗でしたが、休み明けだったからなんでしょう。昇級して慣れると勝ち上がる馬に見えるので、スエズも慣れれば手薄な重賞なら馬券に絡めそう。

 ピイラニハイウェイは見せ場がまったくありませんでした。最初から最後まで中団のまま。岩手馬になら勝てそうと予想したカツヨトワイニングはトーホクキングに先着されましたが、ピイラニに先着しました。カツヨトワイニングはこれで今年の交流重賞3戦とも7着。トーホクキングには地方全国交流重賞の際に岩手の門番となってほしいですね。南関のB級条件馬あたりが遠征してきたら、立ちはだかってほしい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<早く決めて 最終処分地 | HOME | 12年マーキュリーC展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |