ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年クイーンS回顧

 少し間が空きましたが、先週のクイーンSの回顧です。先週はメインレースを買わず、頭数の少なめの条件戦を2レース買い、1レースだけあたって、まあ、トントンの収支でした。2レースとも当たればクイーンSも買おうとは思っていましたが、勝ったアイムユアーズは1800でも距離が長いかと思い、軽視したでしょうから結果的に買わなくて良かったのかもしれません。

 ファルブラヴ産駒の獲得賞金上位15頭にオトコ馬は1頭もいません。セン馬は2頭混ざっていますが(トランスワープなど) タマキンがあると走らないのか……?また短距離志向を強く感じます。それがゆえにアイムユアーズは軽視して考えたのですが、トランスワープ、アイムユアーズと中距離をこなしていますし、2000まではこなすかもしれないと見たほうがいいのかもしれません。

 アイムユアーズはメンディザバル、ピンナ、ウイリアムズと外人が近走で騎乗していましたが、池添でも何の問題もなかったですね。デビュー3戦は丸山、藤田、フルキチで結果が出ていますし、コロコロ騎手が代わっても成績は安定しています。乗りやすい馬なのかもしれません。+24kgでの出走も休み明けや成長分を考えれば良かったでしょう。

 一方、同じ3歳馬でオークス1人気に押されたミッドサマーフェアは3着でした。ここがメイチの馬なんていないでしょうし、3着に負けたのは問題ないと思うのですが、-10kgで出走してきたことが心配です。まだまだ成長期、休み明けと考えると10kg増えているぐらいが望ましいんですが。猛暑でカイ食いが細いとかあったのかなあ。次走、さらに減っているとあやしい。

 2着に人気薄のラブフールが突っ込んできました。力の要る馬場が合っている感じがします。2着賞金を加算しましたが、まだ準OPの身。次に自己条件に出てくるなら人気を集めるでしょうが、カモのような気がします。どこに出てくるか注目しておきたい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<暑くて溶ける蒸発する。 | HOME | じぇねれーしょんぎゃっぷ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |