ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年小倉記念展望

 今日の新潟の新馬戦で3単の歴代最高配当が出ました。2着が同着だったにも関わらず……。3000万弱の配当。もし2着が同着ではなく、3000万の配当のほうだけだったなら配当は倍。6000万弱?家が建ちますね(笑) 一方の札幌の新馬戦は5頭立てながら、一頭取り消し(それも人気になりそうな馬)で4頭立て。中央競馬で4頭立てというのは6年ぶりだそうです。こちらは馬券も買って馬複GET。4頭立てなら簡単だろう?と思うかもしれませんが、ガミらないように買うのはなかなか大変。交流重賞より厳しいですよ(笑) それはさておき、明日の小倉記念の短評です。

1.セイカアレグロ……成績を見ればハンデ48kgも当然の成績。2年半も馬券に絡んでおらず、芝では掲示板1度のみ。とても買えない。

2.ワルキューレ……前走は人気のダノンバラードと0.3差の2着。そこそこ人気していますが、どうですかね?もう8歳。それも牝馬ですし。

3.ミキノバンジョー……ここ2走、福島で好走していますが小倉も得意な馬です。55kgのハンデもいかにも来そうな感じ。

4.ダノンバラード……大崩していませんし、前走の準OPをしっかり勝ちました。元々、ラジオN杯2歳Sを勝った重賞馬ですので実績上位。軸にするには良さそうです。

5.トーセンラー……この馬もきさらぎ賞を既に勝っている重賞ウイナー。ここは手薄な面子で勝機と思うのですが、安定感ではダノンのほうが上かなと思います。アッサリ勝っても当然ですが、不可解な大敗もありそうで怖い。

6.アスカクリチャン……前走は14番人気で七夕賞を制覇。ただ……ここも連勝はムシが良すぎるかなあ。内田騎手の腕も光るレースでしたし、斤量も2kg増。うーん。

7.ニシノメイゲツ……七夕賞は0.1差5着。アスカクリチャンからは4kgもらいですし、逆転可能でしょう。3歳春までは重賞戦線を戦っていた馬です。ここは1発あってもいいかも。

8.エーシンジーライン……春先に小倉大賞典を勝っています。小倉実績は十分でしょう。その後も重賞で好走していましたが休養明け。鉄砲実績はないのですが、だからこそ妙味ありとも思えます。

9.タムロスカイ……青森産馬の星です。母はGI馬タムロチェリー。デビューから気にしていた馬なのでうれしいです。小倉実績も豊富。ただ、ポンポン勝つ馬でもないので、クラス慣れしないとどうかな。

10.エクスペディション……この馬も小倉で走る馬ですが、重賞のカベは厚いのか、近4走は小倉も含めて掲示板まで。今回は少頭数で面子も手薄なので好走してもいい。

11.ナリタクリスタル……重賞3勝は今回の面子では一番。小倉で重賞勝ちもあります。ゆえにトップハンデ58kgですが、昨年の新潟記念以降は7,8着のみ。衰えもあるのかなあ。

12.ゲシュタルト……GII勝ちがあるのはこの馬だけ。上がりに限界がある馬だけに、今の小倉の高速馬場にはちょっと不安も残ります。鞍上が今年デビューのアンちゃんってのも不安。

 ☆チェックポイント☆
・前走6着以下の牝馬……いない
・前走GI以外で10人気以下……セイカアレグロ、アスカクリチャン
・前走条件戦で4人気以下……ワルキューレ
・前走ダート……エーシンジーライン
・ハンデ51kg以下……セイカアレグロ、ワルキューレ

 残ったのはミキノバンジョー、ダノンバラード、トーセンラー、ニシノメイゲツ、タムロスカイ、エクスペディション、ナリタクリスタル、ゲシュタルトの8頭。4頭しか消せてない。

 軸はダノンバラードでいいと思います。アタマは他の馬の可能性も十分ですが、崩れないでしょう。面子も手薄ですし。となるとトーセンラーはオッズ的に買えません。来たらしょうがない。

 ハンデは54~57kgの重すぎず、軽すぎずの馬の連対例が多いです。ナリタクリスタルは近走とハンデを考えると買いづらい。非常にムラ気のある馬というようなことをユタカもブログで前に書いてたしね……。

 ゲシュタルトは7勝しかしてないアンちゃんが勝てるほど甘くないでしょうし、馬自体が抜けてるわけでもないので軽視。すると残るのは3,6,7枠なので、枠連流し。エーシンジーラインも不気味ですしね。

◎ダノンバラード
○ミキノバンジョー
▲エクスペディション
△ニシノメイゲツ
△タムロスカイ
△エーシンジーライン

 前日オッズでは枠連4-3,6,7は順に20.3、29.4、13.7倍ですね。意外とつくなあ。2人気軸の枠連なのに。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年小倉記念&レパードS回顧 | HOME | 八戸駒市場>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |