ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年エルムS回顧&キーンランドC展望

☆エルムS予想結果☆
◎エスポワールシチー…2着
○ローマンレジェンド……1着
▲サイレントメロディ……9着
△セイリオス……………8着
△エーシンモアオバー…4着
△グランドシチー………3着

 圧倒的人気に応えて、ローマンレジェンドが粘るエスポワールシチーをクビ差交わして優勝。重賞初挑戦で初勝利を挙げました。クビ差2着にエスポワールシチー。3着に後方から突っ込んできたグランドシチー。エーシンモアオバーは4着、3人気のサイレントメロディはいいところなく9着大敗でした。展望に書いた通り、◎○2軸3複を買ったのですが、高目で決まってくれてありがたかった。丸田GJ(笑)

 3kgもらいとは言え、重賞初挑戦でダートトップホースの一角であるエスポワールシチーを倒したのは見事。ここまでは圧勝、完勝続きでしたが競り合いにも強いというところを見せました。さすがにエスポを突き放すなんて芸当はできませんでしたが、僅差でも勝ったことは大きい。ここで僅差でも負けていたら、賞金的に秋のGIには出られないでしょうしね。もっともまだ賞金的に安泰とは言いがたいけれども。ここまで使い詰めですし、まだ4歳。今秋のGIを無理やり狙わなくてもいいのかもしれません。ここで一休みして、みやこSあたりを叩いて勝つようならJCダート、東京大賞典あたりがいいのではと思います。南部杯やJBCクラシックあたりは賞金的に無理でしょうしね。

 負けはしましたがエスポワールシチーもトップホースの貫禄を見せてくれたと思います。哲三さんも「馬に闘志も戻っていましたし、先行力も戻っていたので合格点がやれるレースだったと思います」とのコメントを残していますし。それとやはり今は2000よりも1600前後のほうが向いているんだろうと思います。この後は南部杯あたりですかね?南部杯にエスポが来るなら盛岡まで見に行きたいところ。エーシンモアオバーは2頭の叩き合いから早々と脱落し、最後はグランドシチーにも交わされました。OP大将だからある意味予想通り。重賞には手が届きそうで届かないんだろうなあ。グランドシチーは道中、まるでついていけなかったのですが、ロスのないコース取りから直線で弾けてエーシンを捉えての3着。地力ついていますね。

 明日はキーンランドCと新潟2歳Sの2重賞、小倉で小倉日経OPが行われます。新潟2歳Sは難しいです。フルゲートの上、1戦1勝馬が11頭。中心となるべきダリア賞馬のエイシンラトゥナは不在。買うつもりはないけれど、中心はエフティチャーミーかなと思っています。しかし、さほどの人気でもない(笑) 展望はキーンランドCです。頭数がメイン3レースの中では一番少ない(とは言え14頭だが)ですし、洋芝適性のない馬は切りやすいので。

☆チェックポイント☆
・前走札幌以外の準OPで2着以下…いない
・前走6着以下(重賞勝馬かつ洋芝実績ある馬を除く)…キングレオポルド、スプラッシュエンド、ビスカヤ、アポロフェニックス、ビウイッチアス
・前走ダート…いない
・前走1400m…いない
・連闘/中半年以上…いない

 あまり意味もなかった消去法ですが、来年以降に活かしたいと思います。函館SS、CBC賞、アイビスSD、UHB杯組と札幌日刊S勝馬では前走条件で消せない。9頭も残っていますので、個別に消去。

 なんでドリームバレンチノに三浦が……と思ったら、松山は騎乗停止なのね。しかし、三浦かあ……オッズにもファンの不安が表れています。これ、松山のままなら、あるいは信用に足る騎手なら2倍台でしょう、たぶん。この馬、松山でしか勝ってないしね。3連勝中の函館SS勝ち馬なのに1人気ですらない(笑) 

 で、一番人気なのはダッシャーゴーゴーですが、この馬、過剰人気のような気がします。今回に限らず。それに微妙にピークを過ぎているような気もします。2,3着はあるかもしれませんが、この人気で買いたいとは思えない。

 近走好調でなおかつ乗り代わりでもないのはパドトロワ、シュプリームギフト、テイエムオオタカ、スプリングサンダーの4頭。買い目を押さえたいので枠連2,6,7BOX、一応7-7のゾロ目も。どれでも15倍以上はつきそうです。7-7なら40倍超。

Bパドトロワ
Bシュプリームギフト
Bテイエムオオタカ
Bスプリングサンダー
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年キーンランドC回顧 | HOME | 12年エルムS展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |