ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

格闘家たたえる記念館建設を

 ◇本県は著名な文化人を数々輩出しているが、一方で著名な格闘家も数多く生んでいる。先のロンドンオリンピックで女子レスリング63㌔級の伊調馨選手が3大会連続で金メダルを獲得したことは記憶に新しい。
 ◇文筆家や美術家などの文化人を顕彰するように格 闘家を顕彰する施設があっても良いのではないだろうか。「青森格闘記念館」とでも名付けて。もちろん県内各地に格闘家個々の顕彰施設や石碑などはあるが、一カ所に集約して偉大な業績を一覧できる場所があっても良いはずだ。本県は大相撲力士や柔道家、ボクサー、レスリング選手、総合格闘家などさまざまな競技の名選手を「枚挙のいとまもない」ほど輩出しているのだから。
 ◇施設の場所は、弘前市の県武道館か駅前地区再開発ビル・旧ジョッパル内に開設できないものか。優れた先人を顕彰するばかりでなく、未来の名格闘家を育む土壌づくりにつながるはずだ。さらには、県内の観光活性化に一役買うに違いない。
                                      (東奥日報2012年9月13日夕刊掲載分)
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいニュース - ジャンル:ニュース

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<残暑という名の猛暑 | HOME | 12年フォワ賞&セントライト記念回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |