ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年秋華賞回顧

☆秋華賞予想結果☆
◎ジェンティルドンナ……1着
○ヴィルシーナ…………2着
▲ハワイアンウインド……13着
△アロマティコ…………3着
△ラスヴェンチュラス…10着
△アイムユアーズ………6着

 圧倒的人気の二冠牝馬ジェンティルドンナが史上4頭目の牝馬三冠を達成しました。ヴィルシーナも頑張りましたがハナ差2着。またまたまたまたジェンティルドンナに屈しました。3着に内から鋭く伸びたアロマティコ。3人気のアイムユアーズは4着、4人気のハワイアンウインドは13着と大敗しました。

 秋華賞がスローペースになることはあまり記憶にないのですが、今年はたぶんレース史上最も遅いペースではないかと思われます。積極的に前に行きたい馬はおらず、ヴィルシーナがゆったりとしたペースで引っ張るかとは思ったのですが、まさかここまで遅いとは。1000は1:02:2でしたが、これを計時したチェリーメドゥーサと馬群は8馬身ほど離れており、馬群の先頭にいたヴィルシーナは1:03前後だったと思われます。遅い。遅すぎ。向こう正面で一気にぶっ飛ばした小牧騎手は上手く乗ったと思いますし、レースも盛り上がったと思います。

 ヴィルシーナ&内田騎手は自分のペースで早めのスパートをかけられたら理想だったのかもしれませんが、2番手の位置から捕まえに行って……でも、中団にいたジェンティルが鬼脚ですべてを飲み込みました。ヴィルシーナは産まれた世代が悪かった。例年なら1冠ぐらい取れてたろうに。ただ、俺は14→1⇔ほかという3単で買っていましたし、オッズからもヴィルシーナはあくまでも2着筆頭が大方の評価。でも、展開が向けばあるいは逆転も?と思わせるだけの能力があるというのは見せてくれました。3着以下とは実力が違うようです。どこかで逆転できるでしょうか?

 勝ったジェンティルドンナは決して楽なレースではなかった。岩田騎手もソツなく乗ってましたが、好騎乗というわけでもない。これはやはり馬の実力が抜けていたというほかない。岩田騎手の談話でも「今日の走りはブエナビスタに匹敵する」とまで述べていますし、そういうレベルの馬だと思います。三冠牝馬でもスティルインラブやアパパネとは1回り違う。スティルやアパパネはトライアルを勝っていないですしね。次はエリ女でしょうが、史上初の3歳牝馬4冠も見えてきたと思います。まあ、海外勢にスノーフェアリー並の馬が混ざっていればわからないですが、牡馬の対戦が楽しみです。

 ハワイアンウインドは何の見せ場もありませんでしたが、アロマティコ、チェリーメドゥーサ、ブリッジクライムと1000万で勝ち負けしていた馬はやはり強い。哲三さん、アロマティコを3着に持ってきてくれてありがとう。ついでに川須も前走でヘグってくれてありがとう(笑) アイムユアーズは古馬を重賞で破っていますが、アイムユアーズに2000は長いんでしょう。本質的にマイラーだと思います。ハナズゴールは熱発、腸炎明けで体調不十分。状態が整えばGIIIはまた勝てると思うんですが……。キャトルフィーユ、トーセンベニザクラはこんなもんでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドッキリビックリギックリ腰 | HOME | 12年秋華賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |