ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年菊花賞回顧

☆菊花賞予想結果☆
◎ゴールドシップ………1着
○ユウキソルジャー……3着
▲タガノビッグバン……14着
△フェデラルホール……8着
△スカイディグニティ……2着
△ラニカイツヨシ………5着

 皐月賞馬・ゴールドシップが圧倒的人気に応えて完勝。2冠達成。格の違いを見せ付けました。2着に中団から伸びてきたスカイディグニティ。3着はユウキソルジャーでした。2人気マウントシャスタはマクリ気味に4角先頭でしたが、直線失速。3人気のフェデラルホールは終始中団のままで見せ場もありませんでした。

 ゴールドシップはまずまずのスタート切りましたが、後方2番手に下げ、そこから外へ出して2週目の向こう正面からの超ロングスパートで押し切って完勝。マクりとかいうレベルじゃない(笑) 内田騎手の談話にもありましたが、この馬の強さを信じきっているからできるレースですね。追えば追うだけ伸びる馬。スピードもスタミナもこの面子では1枚も2枚も違っていた。オルフェーヴルとのステ仔対決も楽しみですね。

 2着馬の鞍上のメンディザバルは道中の接触で脱臼していたようです。それでも片手で追って、勝ち馬との差は詰まらなかったものの、追いすがるベールドインパクトを振り切りました。馬も成長していますが、人もすごい。やはり長距離は騎手の腕も大きいですね。最近は大舞台で見なくなってきたブライアンズタイム産駒。この馬が最後の大物なのでしょうか。ステイゴールドもブライアンズタイムも仔はまだまだ成長しそうです。

 ユウキソルジャーが持ち前のスタミナを活かして、ゴール前でベールドインパクトを交わしての3着。スタート直後の1F以外で13秒台に落ちることがない消耗戦になったのもこの馬には向いたと思います。微妙な血統、1000万勝ちがあり、菊3着。なんとなくナムラクレセントのような馬になっていくような気がします。4着ベールドインパクトはコース適性だけなら一番だったのかもしれませんが、上位馬にはスタミナ負けの感じ。

 マウントシャスタはやはり距離が長すぎた。前走でさえ長かったのだと思います。またロードアクレイムにも先着を許しているし。1600~2000ぐらいがベストなんでしょう。エタンダールがなぜか人気していましたが、この馬は中山で見直したい。ステイヤーズSに出られるなら穴で一考。トリップは交流重賞に出てくるのを待ちたい。コスモオオゾラは病み上がりなのでこんなもんでしょう。福永は本質的にマイラー(笑)

 馬券はもちろん取ったのですが、ゴールドシップ以外は数頭除いて、どれが来てもおかしくないと思っていたし、3複でヌケがあるのもイヤだったので馬複で守りの馬券にしてしまい、大した儲けになりませんでした。初志貫徹すべきでした。当てたのに精神的には外れた気分です。ここ1ヶ月半ほど馬券は絶好調だったし、こんなときは攻めの馬券でも良かったと後悔しました。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『がんばれ』 | HOME | K察に捕まりました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |