ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年JBCレディス&スプリント回顧

 JBCの3レースをばっちり当てて、年末までの馬券的中への弾みをつけようと思ったのですが、弾みがつくどころか勢いが無くなりました。9月から10月半ばまでは絶好調だったのですが、菊花賞以降ダメダメです。JBCは3レースとも予想はハズレ。結果的には良かったのですが、スプリントは買いそびれる始末。今週は木曜に北海道2歳優駿もありますので、手堅く当てて流れを変えたいところです。

★JBCレディスクラシック予想結果★
◎ミラクルレジェンド…1着
○ナターレ…………12着
▲クィーンズバーン…8着
△アースサウンド……9着
△サトノジョリー……5着

NARの公式ライブ中継で見ていたのですが、ファンファーレが遅れて、ゲートが開いたときにまだファンファーレが続いていました。動画だけ?実際にファンファーレが鳴っている最中にスタートが切られたんですかね?どんなスタートだよ?(爆) 少なくともライブ中継を見ている人間には放送事故ですよ、あれ。まあ、競走事故はまずいけれども、あの程度の放送事故ならある意味ネタで済むからいいですけどね。以前、フリオーソが勝ったダイオライト記念のカメラアングルなどと同様で(ゴール前で側面、スタンド側からの映像ではなく、なぜか馬の真正面からの映像に。映像からでは着差が判別不能だった)

 体重大幅増があったにせよ、前走があまりにだらしなかったし、配当的に妙味もないのでクラーベセクレタをバッサリと切り捨てたのですが、そのクラーベに俺が切り捨てられました(笑) 普通に地力が上でした。そして、ミラクルレジェンドはいつものようにその上を行きました。3着に大穴・北海道のサクラサクラサクラが逃げ粘り、3連馬券は波乱となりました。ミラクルレジェンド以外の中央馬は馬券に絡めず。プレシャスジェムズが4着、サトノジョリーは5着、クィーンズバーンは8着、アースサウンドは9着。

 サクラサクラサクラが粘ったこともそうですが、見るからにペースが遅かった。さほど差がつきませんでしたが、勝ったミラクルレジェンドはいつも通りの中団追走から、末を活かして差しきって完勝。連闘だったSレディーCこそ3着でしたが、普通の状態であれば実力が一枚も二枚も上。このレースを連覇、そして前日の半弟・ローマンレジェンドに続く2日連続の姉弟の重賞制覇。この後、クイーン賞を勝っても、賞金以外に意義はないですし、ここはJCダートか一息挟んで東京大賞典で牡馬に挑んでほしいところ。

 クラーベは-13kgでしたが、前走が「天高く馬肥ゆる秋」だったので、絞れて力を出して、そしてまたミラクルに負けた。力負け。目の上のたんこぶ。二度あることは三度も四度もある。むしろクラーベこそ牡馬に揉まれないとミラクルには勝てないと思ったり。JCダートとは言いません。浦和記念あたり使わないかな?サクラは前走で7着だった馬がここまで走るとはまったくの想定外。しかし、前走を度外視できればずっと連対していたし、穴党なら買えたのでしょうか。俺にはまったく買えない馬でした。

 ミラクル以外の中央馬は逃げたサクラを捕まえることさえできませんでした。プレシャスジェムズは先行してなだれ込んだだけ。この馬の実績からすれば、これでも力は出し切れている。サトノジョリーも実績からすればこんなものなのかもしれません。クィーンズバーンとアースサウンドは逆噴射して、笠松馬や浦和のA2,3馬に差される始末。初ダートでも適性があれば好走します。休み明けもあるんでしょうが、クィーンは芝でこそなんでしょう。アースサウンドはやはり距離が長かった。融通も利かない。

★JBCスプリント予想結果★
◎セイクリムズン……2着
○ラブミーチャン……9着
▲タイセイレジェンド…1着
△ダイショウジェット…5着
△セレスハント………4着

 人気は休み明けを叩かれたセイクリムズンでしたが、逃げた2人気のタイセイレジェンドが直線でも脚色衰えず、レコードで逃げ切り勝ち。タイセイは1F延長がマイナス、セイクリは1F延長がプラスという見方が大勢だったと思いますが、タイセイは1400でも何の問題もなかった。問題があったのは3人気のラブミーチャンで、9着と惨敗。3着には昨年の覇者スーニが入りました。終わってみれば中央馬が掲示板を独占。地方馬最先着は兵庫のオオエライジンでした。

 タイセイレジェンドはラブミーチャンが出が一息だったのもありますが、逃げてレコード勝ちだから完勝といっていい。交流重賞に参戦して、4戦4連対。まだ5歳で、セイクリムズン、スーニより1歳下。新ダートスプリント王誕生です。1400のJpnIを勝ったのは大きいですね。交流重賞は1400がやたらと多いですから。セイクリムズンも出が一息でしたが、3馬身も離され、タイセイレジェンドには連敗。今ダートスプリントJpnIはこれしかないので痛いですね。

 ラブミーチャンが短いほど良いのは分かっていましたが、まさかここまで、南関A2、A3も勝てないモアザンスマートにまで先着されるとは……。今年のかきつばた記念やサマーチャンピオンからして、勝てないにしろ去年並のパフォーマンスを期待していたのですが残念。また前走のように中央馬を破るのを期待したい。逆にスーニは3着とは言え、反応がここ数走と違ってました。復調気配を感じました。今回は軽視したのですが、次は見直して考えたい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年北海道2歳優駿展望&JBCクラシック回顧 | HOME | あいさつ返さぬ 子どもが増えた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |