ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年JC回顧

☆JC予想結果☆
◎オルフェーヴル……2着
○ルーラーシップ……3着
▲エイシンフラッシュ…9着
△フェノーメノ…………5着
△ダークシャドウ……4着
△ジェンティルドンナ…1着

 今年の三冠牝馬ジェンティルドンナが昨年の三冠馬&春秋GP馬で凱旋門賞2着のオルフェーヴルとの叩き合いをハナ差制しました。3歳牝馬がJCを制したのは初めてです。3着はまたも出負けしたルーラーシップが、ダークシャドウにアタマ差先着。5着がフェノーメノ。秋天勝ち馬のエイシンフラッシュはさして見せ場もなく9着。凱旋門賞馬のソレミアは先行するも直線で逆噴射して13着と大敗。

 三冠牝馬とは言え、オルフェーヴルを初めに古馬一線級がそろったこの面子で、先行押し切りの横綱競馬。この勝利で年度代表馬の最有力候補になったと思います。牝馬三冠+JCは牡馬二冠より上でしょうし、オルフェーヴルやエイシンフラッシュ、ビートブラックらが有馬を勝っても厳しいんじゃないかなあ。ゴールドシップが有馬を勝てば……どうだろうなあ。

 そんな快挙でしたが、岩田騎手の騎乗がミソつけてしまった感があります。個人的には確かにオルフェーヴルに不利はあったけれども、不利がなければ勝ったかと言われたらわからないレベル。着順変更なしで、岩田に騎乗停止というのは納得できます。また、ビートブラックの内をつけたのではないかという意見は外から見れば言える話だと思います。ただ……岩田は制裁が多すぎる。NHKマイルCでの騎乗も記憶に新しいですし。折り合い第一で、勝つ気あるのかという騎乗もマズいけれど、他馬や他者へ危険を及ぼす騎乗はもっとマズいよなあ。

 ジェンティルの岩田はさておき、オルフェーヴルは遠征帰りや直線の不利もありましたが、それを言い訳にできる馬でもない。ちょっとぶつけられても、ジェンティルドンナと実力がまるで違っていれば突き放せたとも思います。ルーラーシップとの差は宝塚が0.3差、今回は0.4差なのでむしろ開いています。JC当日のオルフェーヴルの力はほぼ出せていたんじゃないでしょうか。有馬で上積みがあるかどうかが気になるところ。それとジェンティルドンナに負けてしまったので、今年で引退はしづらいですね。一度はジェンティルドンナに雪辱しないとね。

 ルーラーシップは出遅れ癖がヒドくなってますね。出遅れなければ勝ち負けに持ち込めたかといえばそうではないけれども。それと不良馬場で2度完勝し、香港でGI勝ちがあるところから、32秒の末も出せますが、GIレベルでは他馬が苦にする分だけ渋った馬場のほうが良いような気がします。ダークシャドウは期待通りに突っ込んできてくれたのですが、上位馬が強かったというほかない。勝ち馬はともかく、2,3着馬はこの馬以上に渋馬場の鬼ですしね……。ダークシャドウが3着だと配当がもっとついてよかったんだが。フェノーメノは天皇賞がピークで、デキがやや落ちていたのかもしれない。

 ビートブラックは完全燃焼でしょう。120%ではないでしょうが100%の力は出している。正直、見ていてちょっと焦った(笑) ソレミアはレッドカドー、ジャッカルベリー、マウントアトスの他外国馬にも先着される始末。府中の馬場は合わなかったんでしょう、やっぱり。そんなソレミアに先着されたオウケン、メイショウ、ローズは……。オウケンは老化、メイショウは坂のせいだと思いますが、ローズはまだ5歳ですし、曲がりなりにもJC勝ち馬。スランプは深刻だなあ。精神的なものなんですかね。

 1ヶ月間、中央も地方もちっとも馬券が当たらなかったんですが、久々に的中(ガミに近いが)しました。これで、流れが変わってくれればなあと思います。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『スマイル』 | HOME | 12年JC展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |