ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年朝日杯FS回顧

★朝日杯FS予想結果★
◎コディーノ……………2着
○ラブリーデイ…………7着
▲ゴットフリート…………3着
△フラムドグロワール…4着

 展望で「素直にコディーノ本命でヒモは外人中心」と書いて、事実そのように買ったのですが、外枠を嫌ってロゴタイプを消したら、勝たれてしまいました。ロゴタイプを消してもガミるわけでもなかったのに、俺のバカバカバカバカ……。枠でも1380円、3複なら4530円とそれなりについたのに俺はバカすぎる。2,3,4着で玉砕しました。

 ロゴタイプというかさすがミルコという騎乗でしたね。ミルコの談話にもあったし、事実、ラップは緩急入り乱れるものでしたが、外枠からすっと好位につけ、直線半ばで抜け出すとコディーノに並ばれても決して抜かせない。ノリが下手に乗ったわけではないけれど、鞍上の差なのかなあと思いました。2000まで持つとミルコは言ってますし、ローエングリン×サンデーなら確かに2000までは持ちそう。2400だとキツイかもしれない。重賞でも崩れていなかったし、連下はあると見るべきでした。俺は連単馬券は基本的に買わないですしね。

 圧倒的人気のコディーノはラクな手ごたえで前を行くロゴタイプに並びかけましたが、並んでから追っても追っても抜けずに2着。着差はタイム差なしのクビですが、どこまで行っても詰まらない差に見えました。完敗。父も中山の京成杯で負けていますし、母も叔母もやや晩成傾向でしたから、これからの馬でしょうか。3着にもローエングリン産駒で外人騎手(スミヨン)のゴットフリートが抜けてきました。決して多くはないローエングリン産駒がGIで1,3着。まあ、ローエングリンがGIには手が届かなかったけれども、重賞4勝の良血馬ですしね。

 4着も外人騎手(ウィリアムズ)騎乗のフラムドグロワール。母がオークス馬ですし、距離が伸びてこそでしょうか。もちろん馬の能力もあるのですが、今回の着順を見ると、概ね騎手の腕の順に見えるのは気のせいですかね……?
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年全日本2歳優駿展望 | HOME | 12年朝日杯FS展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |