ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年全日本2歳優駿展望

 明日は2歳ダート王決定戦の全日本2歳優駿です。地方馬はトーシンブリザード、フリオーソ、ラブミーチャン。中央からはアグネスワールド、アグネスデジタル、ユートピア、スーニなど次代のダート界を担う馬を輩出しています……が、翌年のJDDを勝ったのはトーシンブリザードとフリオーソだけですね。これから伸びてくる馬や中央勢だと芝から移ってきた馬に大物がいたりして、砂の朝日杯という印象があります。まずは各馬の短評から。

1.ルード…既に5勝もしていますが、反面で地方重賞勝ちも1度もない。南関遠征は2度目ですが、鎌倉記念では7着。中央馬もいるJpnIでどうにかなるはずもない。

2.インサイドザパーク…6戦6連対で2敗していますが2度とも出遅れてのもの。南関馬筆頭。ただ、クラグオーをモノサシにすると強気にはなれない。地の利を生かしてどこまでやれるか?

3.サマリーズ…芝の新馬は負けましたがダートで2連勝。父HARD SPUNは聞いたことない種馬ですが祖父はDANZIG。1200で圧勝。1400で辛勝。1600では負け。距離が伸びてどうか?

4.キタサンオーゴン…重賞連勝中のインサイドザパークですら半信半疑なのに、ハイセイコー記念5着馬で、コース経験もない馬では普通に考えると厳しいでしょう。

5.ジェネラルグラント…3人気に推された北海道2歳優駿ではバテて5着。そのときに完敗したアルムダプタもいます。ただ、人気ガタ落ちでしょうから穴で一考。

6.アルムダプタ…7人気ながら前走の北海道2歳優駿を完勝。まだ底を見せていません。人気でしょうが消す要素は特にない。問題はどの程度の人気になるかですね。

7.オグリタイム…水沢で重賞を勝っていますが、前々走の平和賞では大敗。3走前のサンライズCでも大敗。この面子では荷が重過ぎると思います。

8.ドコフクカゼ…ダートばかり使って2-1-0-1の成績。父ワイルドラッシュというのもいい感じ。問題は15年で80勝。重賞10戦未勝利という鞍上が不安すぎる。

9.アップトゥデイト…兵庫ジュニアGP2着馬。勝ち馬にはちぎられましたが、500万勝ちでJpnII2着の実績はこの面子では上位。鞍上の岩田も心強い。

10.アウトジェネラル…交流重賞も含め、重賞で好走を繰り返していますが勝ちきってはいない。前走以上に面子のそろったここではどうですかね?人気ガタ落ちであろう今回は連穴として面白そうですが。

11.アメイジア…5戦してすべて3着内という安定株。インサイドザパークとはさほどの力差はなさそう。今野騎手の乗り方次第では上位争いもできるかも?

12.クラグオー…ここ2走を見ると南関馬相手ならどうにかなっても、中央馬まで混じるとなると苦戦を強いられそう。目標はやはり父母姉が制した北海優駿制覇か?

13.ソルテ…人気薄ながら前走のハイセイコー記念を圧勝。前走は過小評価されすぎていたか?ただ、今回はJpnIです。大井でしか走っておらず、左回りの適性もわかりません。

14.タブローム…芝の3戦は大敗ばかりでしたがダートに変わって2連勝。ただ、こちらもドコフクカゼと同じで、12年で105勝。重賞21戦未勝利という鞍上が不安すぎます。

 地方他地区馬は交流重賞5着以内かそれに匹敵する実績が必須。今年の他地区馬3頭で合致する馬は不在。南関馬も南関重賞で3着内程度は必須。キタサンオーゴンは論外。

 残りの10頭はどれも馬券にならないと言い切れないのですが、500万をタイム差なしで勝ちあがり、鞍上が微妙すぎるドコフクカゼ、タブロームは軽視。勝つ気なら内田でもユタカでも乗せればいいわけだしなあ……。

 交流重賞連対歴のあるアルムダプタ、アップトゥデイトは実績上位、実力上位と見ます。人気でしょうが、この2頭を軸にした3複勝負。ヒモが穴なら3複だけにそこそこつくかと思います。相手は微妙な鞍上でも中央の3頭、そして地方勢ではインサイドザパーク、アメイジアまで。ジェネラルグラント、アウトジェネラルのノーザンF&サンデーRのジェネラル2頭は前走での差はひっくり返せないと見ました。未対決の生え抜き南関馬のほうが未知の魅力がある。

◎アルムダプタ
○アップトゥデイト
▲サマリーズ
△タブローム
△ドコフクカゼ
△インサイドザパーク
△アメイジア
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ねぶごん | HOME | 12年朝日杯FS回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |