ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『因果応報』

『因果応報』

何もかも誰かのせいにして生きるのは楽だろう

でも、自分に全く落ち度がなかったのだろうか?

誰かのせいが何度も続くのならそれは自分のせい

災いを招く要因がたぶん自分のどこかにあるはず



たとえば、落馬によって馬券が外れたとして

騎手を責めたとしても何も変わりはしない

もしこうだったら、もしああだったら

そんなことを言い出したらキリがない



そもそも、誰かの言動なんて容易く変えられない

自分自身を変えることのほうがまだしも容易い

どうにしかして自分自身を変えることができたなら

きっとそのときは「誰か」の言動も変わっている



誰かのせいにはしたくない

それが実際に誰かのせいであっても

誰かのために生きてみよう

それは自分のためにつながっている
スポンサーサイト

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12年中山大障害&NIKKEI2歳S展望 | HOME | 12年全日本2歳優駿回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |