ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年名古屋GP&兵庫GT回顧

★名古屋GP予想結果★
◎ナムラダイキチ………4着
○クラシカルノヴァ………2着
▲エーシンモアオバー…1着
△トリップ………………5着

 重賞挑戦10度目にしてエーシンモアオバーが待望のタイトル奪取。道中2番手追走から、2週目の3角でバテたトリップを交わして、追いすがるクラシカルノヴァとの叩き合いを制しました。北海道でのOP勝ちが多いですが、北海道が合っているというか小回りコースが合っているんだと思います。年が明ければ7歳になりますが、ダート馬は息の長い馬が多いですし、去年や一昨年と別段変わったところもないので、来年もこれまで同様か、この勝利をきっかけに重賞勝ちをいくつか積み重ねるかもしれません。鞍上の岡部誠騎手にとっても待望のグレードレース初勝利。岡部騎手にとってもこの勝利が来年への弾みになると良いですね。

 クラシカルノヴァは重賞初挑戦でしたが、このぐらいの面子なら準OP勝ちからでも普通に通用しますね。ただ、ダートのステイヤーという感が強いので適鞍がなかなかないのが辛いところ。佐賀記念からダイオライト記念あたりでしょうか。人気のトリップはいつも通りの逃げに出ましたが、2週目3角前でガス欠。JDD2着馬ではありますが、クロフネ産駒ですし、2500というのはちょっと長いのかもしれません。2000未満のほうが良さそう。期待したナムラダイキチでしたが、バテたトリップを交わしましたが、中団から伸びたオースミイチバンに交わされました。結局勝ち負けを意識させる場面はなかった。この面子なら、と期待しましたが中央の壁は厚い。

 オースミイチバンは3着になりましたが、2着馬から1.8秒も離されては復調とは言いがたい。前の2頭とは上がりもまるで違いました。今回は面子に恵まれた。キングスエンブレムは休み明けとは言えこれはヒドい。ブービー。地元の東海勢にも大きく遅れを取りました。年が明ければ8歳。勢いがあれば、8歳でもまだまだと思えますが、この馬は完全に勢いがなくなりましたし、グレードレースでどうこうとはもう言えないかもしれません。オ馬券は人気上位4頭の3複BOXを買っていたので玉砕。オースミが来なければバッチリだったのになあ。

★兵庫GT予想結果★
◎セイクリムズン……5着
○スーニ……………7着
▲ティアップワイルド…1着
△ダイショウジェット…2着

 中央4頭ですんなり決まるだろうと安易な予想をしたのですが、地元のオオエライジンが奮起して昨年同様の3着。僅差の4着も高知のコスモワッチミーが突っ込んできて、セイクリムズンはその後ろ。スーニに至っては3角で既に手ごたえが怪しかった。そんな後方を尻目にマイペースの逃げを打ったティアップワイルドが危なげなく逃げ切り、重賞初制覇。2着に中団から伸びたダイショウジェットでした。

 重賞も勝っていないテイアップワイルドのハンデ58.5kgというのは正直、背負わされたなあと思ったのですが、結果を見れば58.5kgは正しかったようです。今回、賞金を上積みできたのは大きいと思いますし、小回りコースも向いてそうです。ダイショウジェットは相変わらず勝ちきれませんが、確実に末は伸びますね。明け10歳になりますが、衰えはまったく見られません。今年同様の活躍を来年も期待できそう。

 スーニは59.5kgとはいえ背負いなれた斤量ですし、ハンデどうこうではないですね。前走で復調か?と思ったのですが、まるで変わっていない。結局、今年は一度も勝つどころか連対もなかった。さすがに衰えてきたのかなあ。セイクリムズンも斤量が堪えたとかそういう話ではなさそう。59kgで中央OP勝ちがありますし、馬格もありますしね。この秋は本調子になかったのかも?

 有馬記念でそれなりの配当を得ましたが、若干、交流重賞2戦で溶けてしまいました。今年は東京大賞典1本ですね。大賞典が取れたら東京2歳優駿牝馬やシンデレラマイルも買うかも。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<代車と風邪なセンチュリー | HOME | モズのはやにえ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |