ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『どうでもいい』

『どうでもいい』

「どうでもいい」

最近、そんな言葉を口にすることが増えた

別に投げやりになっているわけじゃない

でも、どうにもならないことがあまりに多すぎて

割り切って考えないとやりきれないんだ



遠い異国では今も紛争が起こっていて

罪もない子どもたちが次々と死んでいく

芸能人の何某ができちゃった結婚をした

歴史を覆すような出土品が見つかった

いずれも僕にとってはどこかファンタジー



明日も大雪だったら運転するのはうんざりしそう

請け負った仕事の結果を出さねばならないなあ

仕事の合間にでも久しぶりにアレを食べようか

そんなありふれた日常以上のリアリティはない

こんな僕は想像力が足りないのだろうか?



目の前の液晶画面はリアルをこし取るフィルター

フィルター越しのリアルでも気持ちは揺れるけれど

目の前にあるリアルには遠く及ばない実感だから

しばらくすれば、やっぱりどうでもよくなってしまう

どうにかできる目の前の物事を精一杯やるだけ



自分でどうにかできることはなんとかしたい

自分でどうにもならないことはどうでもいい

そんな風にうそぶいている僕だけれど

割り切れなさがこびりついて離れない

どうにもならないのに、どうにかしたい

スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『キャンバス』(再) | HOME | 13年シンザン記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |