ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

ねぶとろから、ねぶごんへ

 2年半乗ったねぶとろ(スバル・ヴィヴィオビストロSS)とサヨナラして、新たにやってきたねぶごん(スズキ・ワゴンR RRリミテッド)です。2年半後に買ったので、1997年式のねぶとろと比べて、3年新しい2000年式。走行距離は当初のねぶとろが9万kmほどでしたが、ねぶごんは6.9万km。どちらもその年のその車種では最高グレードではあります。総費用としては、レアなことと4WDであることで、ねぶとろのほうが10万ほど高かった。ねぶごんのほうが安いですが、安いワリには6.9万kmと距離を走ってないのが魅力で買いました。

ねぶごん


         ねぶとろとねぶごんの違い
       ねぶとろ         ねぶごん
メーカー  スバル          スズキ
車種    ヴィヴィオビストロSS  ワゴンR RRリミテッド
ミッション ECVT+6MTモード   4AT
シフト   フロアシフト        コラムシフト
駆動方式 4WD           前輪駆動
加給    スーパーチャージャー ターボチャージャー
車重    780kg          800kg
最小回転 4.9m           4.2m
広さ    狭い(笑)        広い
レア度   高い           低い
小物入れ 少ない          多い

 常人にはどうでもいいレア度が俺にとっては極めて重要なので、その点で非常に不満なのですが、道具として考えた場合には売れているだけあって、ねぶごんのほうが使い勝手は格段に上ですね。圧倒的に広いですので。それとFFの分だけ軽いので、単純な加速ではどちらも大きな差はないです。車高があるのでねぶとろのイメージでカーブに入るとグラグラするかも……。一方で最小回転半径はねぶごんのほうが大幅に小さいので小回りがきいて良いです。ねぶとろは見た目の小ささのワリに小回りがきかなかったので……。

 珍車から普通の車になったので相違点が多々ありますが、まあ、慣れの問題かなあ。2000年代半ばまでの軽自動車に多かったですが、コラムシフト&足踏みパーキングブレーキは慣れるのに時間がかかるかも。一人乗車がほとんどだし、個人的にはベンチシートの必要性がない(哀) 普通にフロアシフト&サイドブレーキのほうが操縦性はいいよね……。7月に車検がやってくるので、1回だけ車検を通して2年半、10万kmまではねぶごんと共に過ごします。その間に満足できる珍車(高級車に非ず)購入の資金と発掘を考えたい。
スポンサーサイト

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<13年京成杯展望 | HOME | 13年中山金杯&シンザン記念回顧>>

この記事のコメント

ねぶとろは残念でしたね。
でも、新しい相棒ができて何よりです。
2013-01-11 Fri 06:24 | URL | 小春日和 #-[ 編集]
 >小春日和さん
 ええ、ねぶとろには愛着がとてもあったので残念です……。その年の最高グレードとはいえ、いくらでも走ってるワゴンRでは所有欲がイマイチ満たされません(笑)
2013-01-12 Sat 23:31 | URL | ねぶ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |