ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年川崎記念回顧

★川崎記念予想結果★
◎ワンダーアキュート……2着
○タカオノボル…………4着
▲グラッツィア…………3着

 JBCクラシックを圧勝した舞台で、その時の再現を期待したのですがなんとも煮え切らない内容でワンダーアキュートは2着。勝ったのは昨年のJDD馬ハタノヴァンクール。完全復活をアピールするJpnI2勝目。3着にグラッツィア。以下タカオノボル、クリールパッションの順で中央5頭が掲示板独占。5着から5馬身後ろにカキツバタロイヤル。ううむ。

 グラッツィアがスタートでやや後手を踏み、タカオノボルが2周目の向こう正面で物見をしてバランスを崩し、直後にいたワンダーアキュートの走りもスムーズさを欠いてしまいました。一番スムーズな競馬をしたのがハタノヴァンクール。一番強かったのもハタノヴァンクールでした。四位だからどうせ4着ぐらいだろ……とか書いて、四位さんゴメン(笑) ハタノは完全復調と言えそうです。中央のダートでは不安もありますが、今回で左回りもクセのあるコースも問題ないのが分かったのは大きい。明け4歳になったばかりで、今後の期待も高まります。何よりここ2走で賞金を上積みできたのは大きい。もうJpnIでも除外になることはほぼないでしょうから。

 ワンダーアキュートはややタカオノボルの走りの影響を受けた感もありますが、先にグラッツィアやハタノヴァンクールに仕掛けられて、外を回され、追いかける形になったのは辛かった。それでもグラッツィアを交わしたのは馬の地力の差でしょうが、ハタノには前回も先着されてますし、それでは勝てなかった。JBCクラシックこそ圧勝しましたが、今年も2,3着が多くなるのかもしれませんね……。乗り方ひとつなんでしょうが、正直、和田ではなく、この馬こそアンカツさんに乗って欲しいですよ、俺は(笑) 自分から仕掛けて消耗戦に持ち込んだほうが活きる感じがしますし。タカオノボルは物見してバランスを崩さなければ、あるいは3着はあったかも。どのみち1,2着馬は抜けてましたが。

 終始、勝負圏外にいたクリールパッションから5馬身も離れてカキツバタロイヤル。カキツバタロイヤルも勝負がかりなら鞍上は駿のままだったろうし、ここは調教代わりだったのかもしれませんが、それでもこの結果は悲しいなあ。1,2着馬は昨年のJpnI馬です。大賞典の2,3着馬です。カキツバタがどうにかできる相手ではない。でも、3,4着馬はOP特別1勝馬、5着馬は重賞馬ですがかれこれ2年も勝ち鞍のない馬です。それらにすらぶっちぎられる地方馬たち。フリオーソやボンネの偉大さがわかります。老いたといえどもフリオーソなら3着は確保、ボンネも追い込んできて掲示板のスミを確保する姿が俺には見えますよ(妄想?) 今年、交流重賞を地方馬は何勝できるのだろう?牡馬の交流重賞ウイナーは出るのだろうか?不安になります。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『わいやれす』 | HOME | 13年川崎記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |