ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年きさらぎ賞回顧

★きさらぎ賞予想結果★
Bバッドボーイ………4着
Bクラウンレガーロ…5着
Bラストインパクト…6着

 兄タマモホットプレイと似た戦績でここまで来ていたので、兄同様にきさらぎ賞では大敗するんじゃないかと思ったのですが、弟は逃げねばるマスルファイヤーをゴール前で交わして重賞初勝利。ペースや馬場、何より面子にもよりますが、兄のタマモホットプレイ、タマモナイスプレイよりは距離の融通が利きそうですね。それでも2000が限界だとは思うのですが、兄と同様に長く重賞戦線で楽しませてほしいものです。

 マズルファイヤーはスローな流れと馬場にも恵まれた気もしますが、こちらのほうが距離が伸びて良さそうな気がします。ホワイトマズル産駒ですし、渋馬場やダートでもやれそう。ここ2走からして前で粘る競馬が合ってるんでしょう。アドマイヤドバイは道中後方ですが、一頭だけよく伸びてきましたが、展望でも書いたように相手なりに走る馬なんでしょうね、やっぱり。この2,3着の差は出世の差になるかも。

 バッドボーイは道中、ややかかり気味に見えました。それを押さえ込んでいたような。ペースがペースだけに前走同様に逃げちゃっても良かったように感じます。勝浦とウイリアムズの差なのかな。クラウンレガーロは平坦の京都で巻き返していいと思ったのですが、なだれ込んだだけの5着。アルムダプタはダート馬なんでしょうね。先行していたのに3角過ぎから後退してしまいました。ダートで一変してほしいところ。

 人気のディープインパクト産駒2頭は見せ場なく大敗。ラストインパクトは下がってきたアルムダプタとリグヴェーダを交わしただけ。リグヴェーダは内をついて4角で進出しましたが、前を捉えるどころか逆噴射。リグヴェーダはやっぱり食わせ者でした。展望にも書きましたが「幾度となく見てきた1戦1勝馬の食わせ者っぽい。ここで来るかはわからないが1人気で買うのは長い目で見て正解とは思えない」です。

 3歳重賞の1戦1勝馬は、よほどのウリがあって、なおかつ3,4人気ぐらいなら勝ってもいいかなと思うぐらいです。父ディープですし、ゴールドアリュールにはとてもなれないでしょうし、ゴールスキーやニルヴァーナになるのも厳しそう。わけのわからないメンバーでしたし、ケンが正解だったようです。クラシックでどうこう言えそうな馬は今回の面子にはいないんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『レンズクリーナー』 | HOME | 13年きさらぎ賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |