ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年佐賀記念回顧

☆佐賀記念予想結果☆
◎エーシンモアオバー…2着
○ホッコータルマエ……1着
▲オースミイチバン……4着
△クリールパッション…8着
△グランシュヴァリエ…5着

 人気2頭の実力が抜けているのは衆目の一致するところで、オッズに示された通りです。3着がどうなるかだけのレースだったのですが、3着も3人気のキングスエンブレムが入り、3連馬券以外は1番人気での決着。印を5点打ち、当初は3着をどうしようと悩んだのですが、指導が立て込んでいるこの時期、考えるというか悩むのに疲れて、馬複1点勝負にしました。購入した15時前は150円だったので、十分と思ったのですが、最終的には130円。まあ、でも馬単裏表を均等買いなら元返しですし、3複や3単を買ってたら外れていたので、無難すぎますが賢明な買い方だった気がします。昨日今日と重賞連勝で、ここ1ヶ月のスランプから脱出?

 レースは予想通りの逃げを打ったエーシンモアオバーを、終始マークしたホッコータルマエが交わしただけ。3着も3番手追走、4着も4番手追走。着順も着差も人気も実力通りなんでしょうね。ホッコータルマエは重賞では3着続き、OPでは2着とレパードS勝ちの後、賞金を上積みできずにいましたが、ここでやっと上積み。ただ、使い詰めで来ているだけに、ここで一休みしてほしいところ。フェブラリーSを連闘で使うとは思えないし、そうなるとかしわ記念までJpnIもない。手ごろな交流重賞を叩いて帝王賞に出てきてほしいですね。最近は交流JpnIでも格下の中央馬が出るパターンも多く、この馬の賞金でも出走できそうな気がしますしね。

 悲願の重賞制覇を前走で果たしたエーシンモアオバーでしたが、今回はまた2着。終始マークされる辛い展開でしたが、この馬はこれしかないですしね。JpnIどうこうという馬でもないし、この後はダイオライト記念や名古屋大賞典を使ってから一休みで北海道へ、というところですかね。しぶとく頑張ってほしい。キングスエンブレムはいくらなんでも前走は負けすぎだろうと思ったのですが、叩いて良くなったのかなあ。とは言え、ここは1,2着馬以外は空き巣同然。オースミイチバンやグランシュヴァリエに先着しても威張れるものでもなんでもないですしね。クリールパッション的な存在になりそう。そのクリールは高知の2頭と佐賀の馬にも先着され……もう限界かもしれません。

 グランシュヴァリエはそのクリールと同じ8歳ですが頑張るなあ。前走で高知県知事賞を勝ち、ここも5着で賞金GET。まだまだ手堅く稼ぎそう。リワードレブロンも佐賀馬には先着してますし、漫画『たいようのマキバオー』の序盤では佐賀馬にバカにされる場面もあるマキバオー(高知馬)でしたが、現実の世界では高知馬のほうが佐賀馬より明らかに上。というか、南関の次に古馬のレベルが高いのは高知なんじゃないかという気すらする。俺の気のせいですかね……?果敢に高い賞金、高いレベルへ挑んだ結果、馬も人も遠征慣れして、揉まれて強くなっていると思います。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『このトンネルを抜ければ』 | HOME | 13年京都記念回顧&佐賀記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |