ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年エンプレス杯回顧

★エンプレス杯予想結果★
◎ミラクルレジェンド◎…1着
○ダートムーア…………3着
▲アドマイヤインディ…7着
△ママキジャ…………6着
△プレシャスジェムズ…4着

 ここが引退レースとなるミラクルレジェンドが有終の美を飾って完勝。スタートはゆっくり出して、徐々に位置を押し上げ、2週目4角では逃げるエミーズパラダイスの直後につけ、直線では豪脚でねじ伏せて、圧倒的な人気に応えました。まさにエンプレス(女帝)であり、この牝馬ダート路線では無敵状態なだけに、もう少し走ってほしいとも思いますが、第二の仕事がありますので、数年後にさすがミラクルレジェンドの仔だ!と思える馬をターフ……ではなくダートに送り込んでほしいものです。

 正直、2周目の向こう正面ではもう馬券は外れたと諦めていました(笑) プレシャスジェムズやダートムーアよりもエミーズパラダイスのほうが手ごたえが良く見えて、しかもエミーズのほうが前にいる。よって届かない、と。実際、そうなってしまいました。逃げ馬だけに自分の競馬ができれば強い。できないとモロい。そんな感じなんでしょうね。3月から中央入りする戸崎騎手にとっては、大井所属として最後の南関重賞でしたが、こちらは有終の美を飾れず。明日も川崎で乗りますが重賞はないしねえ。

 ダートムーアはジリジリと伸びて、バテたプレシャスジェムズを交わしただけ。昨秋のレディズプレリュードと同じような競馬。差し馬ですがもう一つキレが足りません。プレシャスジェムズは出遅れたら惨敗。出遅れないと4,5着とどうにも煮え切らない馬になってしまいました。ママキジャは準OPで惨敗の馬だからこんなものか。ママキジャを買うより、素直にロジータ記念勝ち馬で戸崎騎乗のエミーズを抑えるべきだった。反省。アドマイヤインディの末脚に期待しましたが不発。何度も関東へ輸送で疲れも溜まってきたのかな。

 ミラクルレジェンドは牡馬相手ではレパードSしか重賞を勝てなかったけれど、JDD4着、帝王賞5着、東海S5着など牝馬戦に留まらず、果敢に牡馬相手に挑んだ点を評価したい。女帝・ミラクルレジェンドが競馬場を去り、ダート牝馬戦線はどの馬がリードするのか注目ですね。レッドクラウディア?メーデイア?アスカリーブル?既存の勢力ではなく、新星が出てきたほうが面白いし、実際、そうなるような気がします。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年弥生賞展望 | HOME | 13年エンプレス杯展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |