ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『フィルム』

『フィルム』

僕らの人生はまるで長編映画のよう

それは一瞬一瞬のフィルムを繋ぎ合わせて作られている

僕らはその一瞬を記録に残しておきたくてカメラを回す

けれども、誰の記録にも記憶にも残らない一瞬が大半だろう



僅かな一瞬で構わないから君のフィルムの1コマでありたい

サブリミナル効果のように君という動画のどこかに紛れたいんだ

僕の中で、君と過ごしたフィルムは想い出の名場面のひとつ

でも、どんな場面であっても、改めて映すと少しぼやけて見えた

それがとてもとても悔しくて、そして少しだけ悲しい



僕も君も誰も彼も、広い社会という動画の中では1コマに過ぎない

それでも1コマ1コマに意味はあって、誰かのフィルムをつないでいる



2005年08月17日作
2013年2月加筆編集
ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』2013年3月3日採用分
スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年弥生賞回顧 | HOME | 13年弥生賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |