ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年弥生賞回顧

★弥生賞予想結果★
◎エピファネイア………4着
○コディーノ……………3着
▲キズナ………………5着
△カミノタサハラ………1着
△ヘミングウェイ………6着
△サトノネプチューン…11着

 先行抜け出しを計った1人気のエピファネイアでしたが、中山の急坂を登ったところで失速、一気にカミノタサハラ、ミヤジタイガ、コディーノに飲み込まれての4着。人気は2強ムードでしたが、2強は3,4着と連にも絡めず。馬複52300円、馬単122810円、3単461810円と大荒れとなりました。去年も荒れましたし、堅い重賞の代名詞だった弥生賞は変質したのかなあ。クラシックの有力馬が見えてきませんね。牡馬も牝馬も。

 エピファネイアは道中カカり気味ではありましたが、1000が1.01:6程度なら押し切ってほしかった。前走ほどのスローではないにしろ前が有利な流れではありましたし。一叩きして主戦の福永騎乗なら変わってくる……のかな?コディーノは前に馬を置いて内の狭いところから抜けてきましたが、イマイチ決め手に欠ける感もある。前走も今回も叩き合いで負けてしまうってのが印象悪い。

 「まるで人気がありませんが中山で500万下をレコード勝ち。OPでも大負けしていませんし、穴の魅力はあると思います。鞍上が和田というのも穴っぽい」などと書いたミヤジタイガが大穴炸裂で2着。単万馬券は舐められすぎだろうと思ったのですが、手が回らなかったなあ。手を回してもエピファネイアから買ってたのでどうにもならなかったわけですが(笑) クラシックうんぬんはさておき、ここで賞金を上積みできたのは先々に活きそう。

 勝ったカミノタサハラも展望で評価していたし、ヒモにはしていたのですが、肝心のエピファネイアがゴール直前で失速しては……カミノタサハラ→エピファネイアで良かったのに。東京で33秒の上がりを使え、中山で自在に動ける。血統も全兄にボレアス、マウントシャスタ。戦績もそうですが、兄以上の決め手がありますね。一躍、皐月賞の有力馬に躍り出ました。結果的に人気薄だっただけで、内容も戦績も本番で推せる馬だと思います。

 まあ、でも若葉S、スプリングSも見ないといけませんが、本番は人気が割れそうですね……。コディーノもエピファネイアも大負けしたわけでもないだけに。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<高校入試とDVD | HOME | 『フィルム』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |