ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年ダイオライト記念展望

 今日は船橋競馬場でJpnIIのダイオライト記念が行われます。暮れの名古屋GPに次ぐダートグレードレースでは2番目に長い距離のレースです。芝、ダート問わず短距離よりも長距離戦が好きなので、せめて10年前ぐらいの数に戻って欲しいところですが……。東海Sもいつの間にか1800になっちゃったし、JCダートも1800になってしまったし……ダートのステイヤー(いるのか?)には貴重な舞台です。

 中央から4頭、地方他地区から3頭、南関から7頭と頭数はそろいました。頭数は、ですが。まずは地方他地区馬から見ていきたい。トウホクビジンは勝ちにきてないでしょう。あわよくば掲示板という狙いなのは明らか。金沢のアポロ何某は金沢のA級で通用しない馬がここでどうにかなるわけもない。ゲイルバニヤンは10歳馬。前走の川崎記念ではブッチギリのビリ。ここもビリの最有力候補でしょう。

 続いて南関馬。アイディンパワーは移籍緒戦。準OPでそれなりに走っているところでの移籍なので完全に売り切れてはないと思いますが、バリバリの中央OP馬からは格下ですし、そもそも長丁場はどうなのか?マズルブラストはもう11歳。全盛期でも交流で馬券にならなかった馬が今更どうですかね?距離は向いてますが、昨年あたりから衰えが顕著ですね。ナムラクレセントはダートが合ってないような?それに年齢による衰えもありそう。

 トーセンルーチェは金盃連覇で昨年の3着馬。南関に来て大敗したのは帝王賞と距離不向きなマイルGPぐらいで堅実さはある。ここも掲示板の下のほうなら、去年同様の3着なら十分ありそう。トーセンアドミラルもルーチェと大きな差はないと思うんですが、鞍上が戸崎から坊っちゃんへ。3連の穴なら。タマモスクワートは昨年のJBCクラシックで6着。それより面子は手薄ですが、どうも一発がある感じはないなあ。南関馬なら引き続き戸崎騎乗のシーズザゴールドか。

 中央馬。オースミイチバンは名古屋GP、佐賀記念では3,4着でしたが、地元馬が弱すぎというのもあると思います。南関のこの面子なら3着も危ういかもしれない。クラシカルノヴァは名古屋GPでオースミをちぎってます(勝ち馬とは僅差の2着) 中央OPでもそこそこに走ってますし、ここなら好勝負。ソリタリーキングは船橋の日テレ盃を勝っているのがいいですね。兄ヴァーミリアンではなく、兄サカラート級でもここなら馬券になりそう。

 ハタノヴァンクールはJpnI2勝。実績はこの面子では断然。しかも4歳馬は1kgもらい。この面子では負けられない……が四位を内田や岩田ほど信用できるかといえばできません。少なくとも俺には。よってアタマを内田か岩田に取られる可能性も想定して、3単フォーメーション 10,11,14→10,11,14→10,14の4点買い。穴馬が3着に突っ込んだら諦めます。終わってみたら中央の人気3頭は強かった……で終わるんじゃないですかね?
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<たぎらせて、巻き返せ! | HOME | 『スイッチ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |