ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『アパカッ!』

第27回『アパカッ!』

S:ねぶさん、だいぶ髪が伸びたんじゃないですか?

ねぶ:そうだなあ。最後に床屋に行ったのは3ヶ月ぐらい前かな。

S:ロン毛にでもするつもりですか?

ねぶ:ロン毛……もはや死語じゃないの?

S:存在が死語みたいなねぶさんにそんなことを言われるなんて……。

ねぶ:死語の存在って何だよ?(笑) 死後の存在なら……って俺はまだ生きてる!バリバリのノリノリでフィーバーだよ!

S:やっぱり死語の存在じゃないですか。とにかく髪は切ったほうがいいと思いますよ。あ、あそこなんてどうです?

Sが指さした先には「タイガーアッパーカット」という看板があった。タイガーだけにトラのイラストもしっかりと描かれている。

ねぶ:尋常じゃないセンスを感じる。いや、もちろん悪い意味で、だよ。

S:既に尋常じゃないセンスなので問題ありません。

ねぶ:勧めたんだからSも一緒にカットしてもらうんだよな?

そういうとSの顔色が変わった。頬もひきつっている。

S:いや、僕はこれからバイトがあるんで……。

Sはタイガーアッパーカットからにげだした。しかし、ねぶにまわりこまれた。

ねぶ:Sが進めたんだから、さあ入った入った。ほら?見ろよ、総合調髪1500円だってさ。安いじゃん?

S:その安さが余計に怖いんですけど……。

Sを引きずるようにして俺たちは「タイガーアッパーカット」に入った。

店主:いらっしゃいませー。

服の上からでも筋骨隆々なのがうかがえる長身の店主が迎えてくれた。え?サガ○ト?店内には椅子が2つあったが、店内には店主以外の店員はいなかった。

サガ○ト:どちらさんから先にいたしましょう。

俺はSと目を合わせると言った。

ねぶ:一発勝負だぞ?

S:もちろん。ねぶさんこそ泣きのもう一回とかはないですからね?

ねぶ&S:最初はグー!ジャンケンポン!

二人が突き出した手の先は……。



俺がグー、Sはパーだった!

ねぶ:ゲッ!!!!

S:イヤッホゥ!!!!

なんてことだ……そういえば今月はロクなことがなかった。週に一度は電車の人身事故に巻き込まれるわ、お気に入りのジーンズが転んで穴空いちゃうし、そのほかいろいろ……。

○ガット:決まったようですね。では、勝ったこちらの方から。

サ○ットはそういうとSを席へと誘導しようとした。

S:へっ?

思わぬところから助け舟が出た。俺は無神論者だが、神はいたのだ!

ねぶ:さあ、勝ったんだからSが先な。お願いします。

S:はっ?

サガッ○は混乱しているSの手をガッチリとひいて、着席させた。そこで正気に戻ったSが叫んだ。

S:ねぶの裏切り者ー!!

ねぶ:おいおい、お店の中だぞ?静かにしろよ?

○ガット:お客様、お静かにお願いします。それに暴れますと危険です。刃物も扱いますから。

ねぶ:そうだぞ?S。

S:……。

Sは恨みがましい目でこちらを見つめている。しかし、ねぶは視線をそらした。

サ○ット:どういった髪型がお好みで?

S:……お任せで。

サガ○ト:わかりました。お任せください。世界各国で武者修行してきた腕をご覧に見せますよ。

ねぶ:あ、俺はちょっとタバコ買いに行ってきますわ。すぐに戻ります。

S:ねぶぅ!待て!待て!僕を置き去りにするつもりですか?

ねぶ:ちゃんと戻ってくるよ。当たり前じゃないか?

S:いや、その目はウソつきの目だあ!

ねぶ:では、またあとで。

Sが何かわめいていたが、そのままコンビニへ向かい時間をつぶすこと1時間。カットも終わったであろう頃、「タイガーアッパーカット」に戻った。店の前には……顔はガリ勉風なのに髪型はソフトモヒカン……サイドにイナズマ模様まで入っていた。

ねぶ:おお!S……ばっちり決まって……うひゃひゃひゃひゃ!

S:どーしてくれるんです!このアタマじゃバイトに行けませんよ!

ねぶ:ひゃひゃひゃ!でもさあ、お任せにしたからダメなんじゃないの?腕は確かだと思うよ、あのサ○ットさん。

S:それはそうかもしれませんが、僕の顔との調和を考えてないですよ、あの人!技術はさておき、僕の顔にこれじゃトラ刈りですよ!トラ刈り!

ねぶ:お店の名前が「タイガーアッパーカット」だからしょうがないんじゃない?うん、なかなかアッパーな感じが出てるよ。アッハッハ。

S:アッパーじゃないですよ!タイガー!これはタイガー!

その後も俺は笑い転げていた。

S:さあ、行きましょう。

ねぶ:へ?どこへ?

S:サ○ットさんが待っていますし。元々、ねぶさんの髪を刈りに来たんですから。

ねぶ:おい、ちょい待て!

Sは俺の手を引き、その先にはサガッ○似の店主が俺を手招きしていた。
スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

連作短編『ねぶとS君の平凡なキャンパスライフ』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年名古屋大賞典展望 | HOME | 13年黒船賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |