ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『クローバー』

『クローバー』

走った子どもが思いっきり転んでさ

目の前に四葉のクローバーがあったら

転んだ子どもは泣くだろうか?

見ていた親は叱るだろうか?

できれば子どもには笑って欲しいし

親も良かったねって声を掛けて欲しい



注いだ湯のみに茶柱が立ったとき

キレイな石を宝石のように感じた日

雨上がりの虹が二重に架かったこと

それらは何物にも換えられない幸せ

良かったかどうかなんて決めるのは

他の誰でもない本人だけなのだから



僕の周りにも、君の周りにもきっとある

四葉のクローバーは身の回りの片隅で

僕らに見つけられるのをじっと待っている



2013年3月16日作
2013年4月7日ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』採用分
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『5TH DIMENSION』レビュー | HOME | 教科書検定の結果に思う>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |