ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年皐月賞回顧

★皐月賞予想結果★
◎ロゴタイプ……………優勝
○コパノリチャード……13着
▲コディーノ……………3着
△レッドルーラー………18着
△タマモベストプレイ…5着
△カミノタサハラ………4着
△フェイムゲーム……12着

 1人気の2歳王者・ロゴタイプが破竹の4連勝で牡馬クラシック1冠目を奪取しました。2歳王者がクラシックを勝つのはナリタブライアン以来、実に19年ぶり。先週のクリスチャンに続いて、今週はミルコ。デムーロブラザーズが2週連続のGI制覇。外人騎手、特にデムーロ兄弟に逆らってはダメですね。2着に2人気のエピファネイア、3着に3人気のコディーノ、4着に4人気のカミノタサハラと4着までは人気どおりの決着。5着も重賞で好走を繰り返していたタマモベストプレイでオッズは若干、割れ気味でしたが順当な決着でした。

 ロゴタイプは道中、中団待機から4角では外に出して、前にいたエピファネイアを捉えると、そのまま押し切り完勝。皐月賞レコードのおまけ付。1000が58.0のハイペースながら、自分で仕掛けて押し切るのだからこれは強い。父・ローエングリンはGIIなら押し切れても、GIでは最後止まってましたが、息子は器用さがあるし、父以上のスタミナも備えているようです。さらに400m伸びるダービーではどうかという声もありますが、ロゴタイプは既に規格外。少なくとも父や他の産駒とは違っている。菊はともかくダービーでも勝ち負け。鞍上もミルコからクリスチャンなら無問題。

 エピファネイアは一叩きされ、主戦の福永に戻って巻き返しに成功。しかし、今日もカカり気味でしたし、勝ち馬とは着差以上の差を感じました。追いすがっても並べなかった。むしろエピファネイアのほうが気性面から距離の不安を感じます。加えて1~4着馬の中で、この馬だけ府中は未知数。1,3,4着馬は府中で勝っています。この点も気になります。コディーノは距離はこなすかもしれませんが、朝日杯に続いてロゴタイプに完敗。札幌2歳では勝っていたのだから、成長力に差があるのかもしれない。

 今回の上位馬で距離が伸びて良さそうなのは4着のカミノタサハラじゃないでしょうか。2000ばかり使われている戦績も好感を持てますし、中団後方からよく伸びてきました。ここ2戦からして2~4着馬に大きな力差はないと思いますし、府中で2戦2勝の実績もプラスに働くと思います。鞍上が内田になるなら勝ち負けまでイメージできる。タマモベストプレイもやはり兄たちとは違うようで、1400ベストなどではなさそう。ただ、距離をこなせても伸びるのがプラスとまでは思えないし、GIを勝つほどの決め手には現状不足と感じます。

 ロゴタイプから手広く流しているのに外したバカがいたらしい。いや、俺のことなんですが(笑) どうしようもないな。針の穴を通すような外れ方ばかり。しばらく連勝馬券を買うのをストップしたい。調子の悪いときは単勝で、立てなおしを計りたいところ。中央競馬の回収率は悲惨すぎて、とても書けません。
スポンサーサイト

テーマ:競馬回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<JRA外国人騎手誕生へ | HOME | 『メトロノーム』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |