ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年天皇賞・春展望

 今週末からゴールデンウィークですが、競馬もかきいれ時です。土日の中央重賞はもちろん、連日のように交流重賞も開催されます。芝よりもむしろダート戦線のほうが気になっています。交流重賞展望は……後日、ひとまとめで述べる予定。いつものように各馬の短評から。ヒモ探しでしょうがないよなあ……。と書いた昨年は大本命馬・オルフェーヴルが大惨敗しましたが、ゴールドシップは自分で競馬を作れますしね。

1-1 トーセンラー…京都記念勝ち馬。京都ではきさらぎ賞も勝ってますし、菊3着もあるし、京都がベストでしょう。ただ、距離はベストではなさそう。鞍上ユタカの腕でどこまでやれるか。長距離は騎手の腕が大きいですので。

1-2 サトノシュレン…人気2頭だけでなく、この馬もステイゴールド産駒ですね。ただ、京都は3戦未勝利。ベストの条件ではないかなあ。距離が伸びるのは良さそうですが、ここは相手も強すぎる。

2-3 デスペラード…芝のここ4走はいずれも馬券になっています。重賞でも好走しており、舞台は良さそう。万葉Sも勝ってますしね。あとは相手関係だけ。勝ちきるまでは難しくても、好走は普通にありそう。人気もそんな感じでしょう。

2-4 ジャガーメイル…3年前の勝ち馬。以来、勝ち星がなく、もう9歳ですが、長距離では安定してますね。ここ2走も香港V、ダイヤモンドSで2着。舞台はいいし、勢いもある。去年も4着。好走の余地は十分。

3-5 マイネルキッツ…こちらは4年前の勝ち馬。こちらはその後も日経賞やらステイヤーズSやら勝っていますが、ここ1年半は馬券になっていません。こちらのほうが1歳上の10歳馬。あって掲示板ですかね?デム弟でもどうだろう。

3-6 フェノーメノ…前走日経賞勝ち。中山でも重賞2勝なので、コースの得手不得手はなさそう。距離も日経賞を勝っているわけで気にすることはない。あとは久しぶりの対決となるゴールドシップとの力関係だけ。上がり勝負はさせてもらえない気がしますが。

4-7 アドマイヤラクティ…13戦連続で馬券になっており、前走で悲願の重賞制覇。安定感はピカイチ。距離も問題ないことを示しました。ただ、ダイヤモンドS勝ち馬ってこのレースとの相性があまり良くない。直行だとなおさらです。一気に面子のそろうここではどうだろう?

4-8 ゴールドシップ…昨年の二冠馬。有馬記念では3馬身ほど出遅れながらも一まくりで一蹴。完成の域に近づいてきていると思います。ズブいぐらいの馬なので、長距離のほうが向いてそう。内田騎手も6000mでも勝てると以前コメントしてましたし(笑) 長距離だけに馬群もばらけるでしょうし、力は発揮できる舞台。不動の本命馬。

5-9 ユニバーサルバンク…重賞の好走歴も何度かありますが、勝ちきれていません。勝ったのはOPまで。長距離も京都もいいと思うのですが、いかんせん地力不足は否めない。去年は勝った大阪ハンブルグCで、休み明けとはいえ大敗。厳しい。

5-10 メイショウカンパク…昨年の京都大賞典勝ち馬。成績から平坦巧者なのは明らかですが、GIで勝ち負けするには力が足りなさそう。京都大賞典はメンバーに恵まれたのかも。夏のローカルで狙いたい一頭でしょうか。

6-11 トウカイトリック…ディープインパクトの勝った春天から今年で7年連続出走ですか?前代未聞、空前絶後の記録。昨年のステイヤーズSも完勝で、衰えていないことをアピール。ただ、勢いのあった頃でも3着までだったのに、今更ここで勝ち負けまでは考えにくい。掲示板に載れたら頑張ったといえると思います。

6-12 フォゲッタブル…母・エアグルーヴに捧げる勝利を挙げられるか。長距離・京都実績は申し分ない。ただ、前走は頭数も少なかったですしね。今回はフルゲート18頭。近走で先着された馬が何頭も出てくるだけに強気にはなれない。

7-13 レッドカドー…香港V勝ち、ドバイWC2着馬。昨年のJCでは外国馬最先着の8着。そのときはフェノーメノと0.2差。日本の馬場への適性もあると思いますし、距離が800m伸びるのはプラス材料。7,8年前のまかいびーでぃーヴぁよりはよほど買えそう。人気次第では押さえてみたい一頭です。

7-14 コパノジングー…8歳馬で、この戦績では買えるわけがない。ビリの最有力馬。

7-15 カポーティスター…今年の日経新春盃馬。日経賞も2着。成長著しい一頭です。人気2頭以外は微妙な面子ですし、この馬の食い込みもあっていい。前走もそうですが、鞍上で人気しない感じもしますし……。

8-16 トウカイパラダイス…崩れないのですが、どうも重賞ではワンパンチ足りない感じ。相手なりにしか走れないのか……馬というか鞍上が(笑) ダイショウジェットの芝版みたいに見えてきます。GIでどうですかね?馬も人も。

8-17 レッドデイヴィス…前走でひさーしぶりの勝利を挙げました。ただ、3歳時の勢いには程遠いかな。GIもイケるか?とも思えた馬でしたが。歳とって距離も持つようになったのかもしれませんが、決して3200向きとも思えない。

8-18 ムスカテール…この馬も安定感ありますね。4戦連続で馬券になっています。近3走はGIIですが。京都の長距離という条件はベストでしょう。あとはこのメンバーでどこまでやれるかだけ。ただ、近2走でいずれもカポーティスターに先着されているのは気になるし、鞍上・福永は本質的にマイラーだと思います(笑)

☆チェックポイント☆
・牝馬……いない
・京都芝と重賞の連対歴が共になく、前走4着以下……いない
・前走・条件戦、OP特別(大阪HC除く)……サトノシュレン
・前走・大阪HCで3着以下……ユニバーサルバンク
・前走2着以下の7歳以上馬……ジャガーメイル、マイネルキッツ、トウカイトリック、フォゲッタブル、レッドカドー、コパノジングー
・前走・阪神大賞典で7人気以下……いない

 残ったのは、トーセンラー、デスペラード、フェノーメノ、アドマイヤラクティ、ゴールドシップ、メイショウカンパク、カポーティスター、トウカイパラダイス、レッドデイヴィス、ムスカテールの10頭。ただ、短評からメイショウカンパク、トウカイパラダイス、レッドデイヴィスは軽視したい。逆にアタマはゴールドシップで決まり。3200なら現役最強だと思ってます。気性の難しいオルフェーヴルやキレが売りのジェンティルドンナでは、少なくともこの淀の3200ならゴールドシップには適うまい。それらより格下のフェノーメノならなおさらです。

◎ゴールドシップ◎
○フェノーメノ
▲トーセンラー
△アドマイヤラクティ
△カポーティスター
△デスペラード
△ムスカテール

 ゴールドシップを軸に2連馬券を買ってもしょうがないので3連で。◎○の2軸3複流しか、◎→○⇔▲△の3単か、買い目はオッズを見て考えたいです。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年天皇賞・春回顧~黄金の船はドロ舟でした~ | HOME | 『未来を予想する人たち』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |