ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年北海道スプリントC回顧~今年もセレスが北海道SCをハント~

★北海道スプリントC予想結果★
◎ティアップワイルド……3着
○マルカバッケン………2着
▲セレスハント…………優勝

 枠複も馬複も3複も1人気は2倍前後。中でも3複は170円。3連は紛れがあるかもしれないし、それなら◎○の1点でいい!と枠複5-7の1点勝負に出たのですが、ティアップワイルドはジリジリとしか伸びない……。一方で昨年の覇者であるセレスハントは馬場の中央を一気に突き抜けて、このレースを連覇。2着に先行して粘ったマルカバッケン。ティアップワイルドは3着でした。逃げたサマーウインドは6着に沈みました。

 セレスハントは買い時は難しいのですが、コーナーが2つだけのワンターンのコース。広いコースが合っているんだろうなと思います。過去には佐賀のサマーチャンピオンも勝ってはいますが。府中、京都、大井、盛岡、門別では実績を出しています。ただ、前の3つは面子が強い場合が多く、現状では盛岡、門別なら勝ち負け、大井は穴で少しという感じでしょうか。これで地味に4年連続の重賞勝ち(4勝目) 

 マルカバッケンは1人気でしたし、自分で勝ちに行っての2着ですからこれはしょうがない。それで押し切れるほどの力はまだないということなんでしょう。GIでどうこうの決め手はなさそうですが、重賞でもっと揉まれれば、それこそセレスハントのようにはなれるかもしれない。ティアップワイルドは崩れないけど、勝ちきれないですね。この面子なら勝ち負けだろうと思いましたが3着まで。本命にした俺の目は節穴だった。

 サマーウインドは引退できないのかなあ。テンのダッシュ力はさほど衰えていないと思いますが、スタミナがまるでない。800mだの900mのレース(そんな重賞はないが)なら逃げ切れるのかな。地方馬は地元のアウヤンテプイがティアップとアタマ差の4着。まだ4歳。もともと東海でゴールドジュニアや駿蹄賞を勝っている馬。中央馬も南関馬もいない重賞なら今後も勝つチャンスは大いにありそうです。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年ユニコーンS回顧~「中央の戸崎」初重賞勝ち~ | HOME | 13年北海道スプリントC展望&関東オークス回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |