ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年ユニコーンS回顧~「中央の戸崎」初重賞勝ち~

☆ユニコーンS予想結果☆
◎サウンドリアーナ……2着
○ベストウォーリア……優勝
▲サウンドトゥルー……3着
△ベリートゥベリー……6着
△エーシンレンジャー…13着

 うーん、展望を書かずに、あまり深く考えずにつぶやきにだけ買い目を書いた先週、今週と当たり。4月5月と大スランプでしたが、スランプは脱してきた感があります。勝負事には流れもありますからね。来週は宝塚記念ですが、熱弁奮って書き込むよりも、サラっと予想を書いたほうが良いのかもしれない。

 単勝1番人気はサウンドリアーナでしたが、連勝馬券はむしろチャーリーブレイヴから売れていました。ただ、久々、しかもフレグモーネ明けの馬なんてまったく買う気になれなかったです。挙句に出遅れというか出負けして、後方からの競馬になる始末。ウイリアムスの談話では「この馬らしさがなく、体調面に何かあったのでしょうか。こんな馬ではないはずなのですが...」とありました。間隔が空いたなりの状態だったんだろうなと思います。次走は状態次第、面子次第では狙い目。少なくとも人気はガタ落ちしそうですから。

 サウンドリアーナがここもぶっこ抜くと俺は考えていました。実際、いい脚で外から伸びてきました。重馬場というのもありますが、前走以上の上がり34.9です。ただ、ユタカの談話にもあったし、映像を見ても感じましたが、道中で行きたがってましたね。身体的にはマイルでも問題ないんでしょうが、気性的にはギリギリといった印象。ストライドが大きめですし、今後もダートを主戦場とするなら、交流重賞にも出てくるでしょう。脚質や走法から小回りが向かないような気がしてなりません。未成熟なブロードアピールといったイメージです。

 勝ったベストウォーリアは戸崎がソツなく乗ったと思います。ソツなく乗れる自在性を兼ね備えているとも言える。なかなか中央移籍後、重賞を勝てなかった戸崎でしたが、ようやく重賞勝ち。それがダート重賞というのは地方出身騎手らしくていいんじゃないでしょうか。これをきっかけにグレードレースでもバンバン活躍してほしいです。しかし……この馬に圧勝したコパノリッキーはどんだけ強いんだって話ですね。コパノは故障してしまいましたが。おそらく次はJDDでしょうが、今年は南関4強も手ごわいですからね。この馬を含めて予想が面白い感じになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夏冬長く、春秋短し。 | HOME | 13年北海道スプリントC回顧~今年もセレスが北海道SCをハント~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |