ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

夏冬長く、春秋短し。

 取り立てて書くこともないので、競馬予想&回顧しか書いていません。すまむこ。受験が終わって3ヶ月。例年だとまだ閑散期……なのですが、今年は閑散期と繁忙期の中間ぐらいの忙しさではあります。日に1,2件ですが6月半ばから7月に入るまで指導のない日がない。新規の依頼も入ってますしね。ありがたいことです。依頼が全然なければ家庭教師でもなんでもないただの無職になっちゃいますからね。最新の依頼はうちから4km弱、150分と長くて、中2なので長期指導、時給もまずまず、現状の学力はほどほどだけどやる気はある子です。理想的だ(笑) 話も弾んでいますしね。話が弾むと150分でもあっという間です。たぶんそれは生徒にとっても同じです。逆に俺が長いなあと感じていれば、たぶん生徒もそうです。

 東北南部も梅雨入りしたようです。東北北部はまだ……というか、梅雨入り宣言があっても、明確な梅雨らしさはあまりない。それでも、青森も蒸し暑い日が続いているのですが、首都圏での大学時代を思えばまだマシだと思ってやりすごせますね。ところで、ここ2,3年は夏と冬が長く、春と秋が短い気がしてなりません。ここ、青森県弘前市で言えば、寒さで桜の開花が遅れて、去年も今年も弘前さくらまつりの期間が延長されています。これは冬の長引きの一端だと思います。それでいて夏は普段どおりにやってきます。同様に、9月に入っても真夏日が続いたりと夏は長引くのに、秋はあっという間に終わって冬になります。逆ならいいんですけどね。夏と冬が短くて、春と秋が長いのなら(笑) 
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年宝塚記念展望 | HOME | 13年ユニコーンS回顧~「中央の戸崎」初重賞勝ち~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |