ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年帝王賞回顧~砂の新帝王君臨~

☆帝王賞予想結果☆
◎ホッコータルマエ……優勝
○ローマンレジェンド…6着
▲ニホンピロアワーズ…2着
△ワンダーアキュート…3着

 田んぼ馬場で行なわれた今年の帝王賞。勝ったのは3人気のホッコータルマエ。破竹の5連勝、JpnI連勝で帝王賞を制覇しました。2着に1人気のニホンピロアワーズ。3着にワンダーアキュートでした。2人気のローマンレジェンドは見せ場もなく6着に沈みました。そして地方馬最先着はそのローマンよりもさらに1馬身ちょい後ろの7着トーセンルーチェでした。中央馬が1~6着独占でした。

 ホッコータルマエは11月からの8ヶ月で9走とほぼ月1ペースで休みなく使われていますが、馬体は右肩上がり、ここに来て5連勝。成長期なんでしょうか。泥んこ馬場もまったく問題なく、前々走に続いてニホンピロアワーズをねじ伏せました。ローマン、テスタにも連勝。帝王不在の帝王賞でしたが、この馬が新たな帝王と呼んで良さそうです。まだ4歳。まだ強くなりそうですし、コースも馬場も不問。距離も融通が利く。今後が楽しみです。

 ニホンピロはアンタレスSに続いてホッコーに敗れました。今回は同斤量でしたし、並んでからしぶとい馬なのにねじふせられました。阪神でも大井でも。JCダートでつけた差はこの半年あまりのホッコーの成長で逆転されてしまったようです。ワンダーアキュートをマークしての競馬で、この馬にも展開は向いたと思ったんですが。この馬らしさは出したと思いますし、力負けと言わざるをえない。

 3,4番手の好位からの競馬することの多かったワンダーアキュートでしたが、この泥馬場では前残りになると感じたのでしょうか。テン乗りのユタカはよどみないペースでハナを切りました。決め手のある馬じゃないし、これはこれでアリだったと思います。ただ、結果は相変わらずの伸びずバテず。広いコースではなく、小回りのほうがごまかしが利くかもしれません。そういう意味では今秋の金沢JBCは向いているかも。

 馬場の影響もあったのでしょうか。中団につけたハタノ、テスタ、ローマンは直線早々と前の3頭から置き去りで馬券圏外へ。テスタマッタはスタートから向こう正面へ入るまでかかり通し。展望でも書いたことですが、現状では2000は長すぎると思います。今日ほどかからなくても勝ち負けは厳しいだろうなあ。2000よりはむしろ1200でどうか見てみたい。ローマンは叩いた上積みどころか、前走より全然ダメ。見せ場なし。大賞典も重でしたし、馬場がどうこうとかそういう話ではないと思います。

 大したプラスでもないのですが、上半期最後のGI(JpnI)で、今年初のGI的中です。4月5月はさーっぱり馬券が当たらなかったのですが、6月になってぼちぼち的中。ジリジリと回収率を上げて、秋競馬へ迎えたらと思います。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まるでゴミのようだ | HOME | 13年帝王賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |