ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年ジャパンダートダービー展望

 ダービーグランプリが地方馬限定となり、3歳馬限定のJpnIはこのジャパンダートダービーだけとなりました。今年は3歳の砂の王者を決めるにふさわしいメンバーがそろったと思います。中央馬のレベルは例年並だと思いますが、南関の面子は例年以上なので。昨年暮れの2歳優駿で中央馬の間に普通に割り込んでいたことからもうかがえます。久々に地方馬の奮起を期待してしまいます。まずは各馬の短評から。

1.ミータロー…北海優駿馬。道営のトップホースと思いますが、鎌倉記念、ニューイヤーCの結果から、南関重賞でも掲示板レベルでしょうし、中央馬も加わるここで、馬券に絡めるとはとても思えない。

2.ユメノアトサキ…兵庫ダービー馬。園田じゃ敵なし。道営時代は大した戦績でもなかったので、昨年暮れから大きく成長したようです。ただ、兵庫ダービーと兵庫CSの時計差が5秒あります。時計がすべてではないですが、これは遅い部類。厳しいでしょう。

3.アラマサシャープ…高知優駿馬。前々走は関東オークスでブービー。通用するわけがない。

4.ジェネラルグラント…京浜盃馬。羽田盃は4着、東京ダービー2着。注目すべきは馬体でしょう。だんだん減っています。510kgも割るようだと厳しいような。暮れの2歳優駿2着馬でもあり、ここでも好走の余地は十分。

5.クリソライト…昇竜S馬。8戦8連対。しかし、ここへきて連勝ですし、鞍上がウチパク。父もJDD馬のゴールドアリュール。脚質に幅がありますし、勝ち負けしても何ら不思議はない。

6.ソルテ…京浜4着、羽田2着、東京ダービー3着と勝ちきれていませんが、好走を繰り返しています。勝ちきれていないのもそうですし、2歳優駿で他の南関3頭の後塵を拝しており、その3頭よりやや見劣ると感じています。自在性があるし、馬群も気にしない上手さはあるのですが。

7.ダイリングローバル…九州ダービー馬。ただ、佐賀でも突出した馬ではないような戦績ですし、メンバーが数段上がるここではいかにも厳しいでしょう。

8.アルムダプタ…北海道2歳優駿馬。北海道で穴を空けて重賞を勝ったはいいですが、その後が冴えません。しかも中3ヶ月。南関4強にも先着できないのではないでしょうか。元々乗ってた幸はケイアイレオーネに乗るし、その後に手綱を取ったユタカも乗らず、前走と同じ三浦。勝ち負けできると思うならユタカが乗ってると思うんですが。

9.インサイドザパーク…東京ダービー馬。2歳時から安定して活躍しています。ただ、出遅れクセがあるのが難。距離は長いほど良さそうです。出遅れずに中団につけられれば、中央馬相手でも勝ち負けできるだけの馬だと思っています。とにかくスタートがどうか。

10.エーシンゴールド…5戦5連対。前々走はクリソライトに敗れましたが、その鬱憤を古馬相手に発散。この時期に1000万下を勝てる馬は重賞級なのはほぼ確実です。好勝負は必至でしょう。

11.チャーリーブレイヴ…休み明けのユニコーンSでも人気を集めましたが、見せ場なく沈没。休み明けを叩いてどこまで変わったか。正直、取捨に悩む馬です。人気もどの程度かもよくわからない。勝ち負けしても大敗しても納得。

12.キタサンオーゴン…戦績が示す通りじゃないでしょうか。南関4強とは大きな力差を感じます。それどころかアメイジアにも勝てない馬が中央馬相手にどうこうできるとは思えない。

13.ベストウォーリア…ユニコーンS馬。前々走ではコパノリッキーの前に完敗でしたが、前走はサウンドリアーナの猛追を振り切りました。広いコースのほうが持ち味が活きそう。乗るのも大井の勝手知ったる戸崎。ただ、ユニコーンS勝ち馬のJDDの成績が芳しくないのが気がかり。

14.トラバージョ…2連勝中。前走は圧勝。ただ、3走前の雲取賞で大敗。ここはメンバーが数段強化してますし、馬券になるとはとても思えない。

15.アウトジェネラル…羽田盃馬。ただ、前走の東京ダービー馬では、手ごたえ悪く、早々に馬券圏外へ。気難しい、乗り難しいところのある馬のように見えます。2000がこなせないとは思いませんが、1600、1800のほうがごまかしが効くような気もします。無論、実力的には好走して不思議ない。

16.ケイアイレオーネ…ドバイ帰りの一戦で、不人気でしたが前走のユニコーンSは3着好走。ただ、その時の上位2頭とは力差を感じてしまいました。

 地方他地区馬が馬券になったのは06年のオウシュウクラウンのみです。オウシュウクラウンは4連勝中でしたが、それに重なるのはユメノアトサキのみ。ただ、ユメノアトサキは牝馬。時計や血統的にもここで通用する感はない。大穴で一考ぐらいでしょうか。他の他地区馬は九分九厘無理でしょう。

 普通に考えて中央馬VS南関4強。南関馬は過去10年で、ナイキアディライト、キョウエイプライド、メイプルエイト、ボンネビルレコード、フリオーソ、アンパサンド、コラボスフィーダ、マグニフィカ、アートサハラの9頭が馬券になっています。加えてクラーベセクレタも3位入線(失格)です。クラーベを含めた10頭ともに南関2冠のいずれかで掲示板に載っています。できれば3着以内。これを満たせない馬は無理。4強はこれを満たしています。

 中央馬は順調度から言って、人気でもベストウォーリア、クリソライト、エーシンゴールド。アルムダプタ、チャーリーブレイヴ、ケイアイレオーネは軽視。軽視した3頭よりは南関4強のどれかが先着していい。この面子で南関4強がそろって討ち死にするようじゃ、地方競馬に夢も希望もない(笑) しかも、ジェネラル2頭なんて社台馬なわけですし。2歳優駿のような結果になるんじゃないでしょうか。

◎エーシンゴールド
○クリソライト
▲ベストウォーリア
△インサイドザパーク
△ジェネラルグラント
△アウトジェネラル

スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年ジャパンダートダービー回顧~ナイターで輝くクリソライト~ | HOME | 『線香』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |