ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年マーキュリーC展望

 今日は盛岡でJpnIIIのマーキュリーCが行なわれます。何の予定もなければ盛岡まで行こうと思ったのですが、指導1件と雑務が入ったので、マーキュリーCはリアルタイムで中継を見れるかも怪しくなりました。無念。函館記念はよくわからなかったのでケンしましたが、マーキュリーCは買いますよー。

 とはいえ中央馬で九分九厘決まるでしょう。地方馬の筆頭は岩手馬……ではなく、船橋からの遠征の帝王賞7着馬・トーセンルーチェですが、帝王賞では1頭の中央馬にも先着することができず。帝王賞の中央馬よりはレベルが2段ほど下がっていますが、それでも馬券に絡むまではかなり厳しいと言わざるを得ない。

 中央馬はグランドシチー、ソリタリーキング、ランフォルセ、シビルウォー、エーシンモアオバーの5頭。人気はおそらくエーシン、グランド、シビル、ソリタリー、ランフォルセの順と予想しています。

 ソリタリーは昨秋、日テレ盃を勝ったまでは良いですが、その後がグダグダ。兄は兄でもヴァーミリアンではなく、サカラート化したようです。府中では連を外していませんし、似たコース形態の盛岡は合う可能性もありますが、正直、突き抜けるまでのイメージは湧かない。今思うと日テレ盃の面子は手薄だったようにも思います。

 ランフォルセも昨春、川崎記念2着、ダイオライト記念勝ちのときは本格化か?と思ったのですが、むしろ尻すぼみ。馬体重が乱高下していますし(この厩舎にはありがちだが)、どうも調子も崩れているように思えてなりません。前走のOP特別は惨敗。前々走はダイシンオレンジ、さらには地元地方馬にまで先着を許す始末。トーセンルーチェに先着されても驚かない。

 シビルウォーは骨折休養明け。昨年の勝ち馬だけに軽視は禁物ですが、年齢的なこともありますし、休み明けでいきなりの勝ち負けを期待するのは酷な気もします。過去の休養明けを見ると鉄砲で勝ち負けするケースも少なくないのですが、8ヶ月も間が空いたことはなく、故障明けでもなかったですしね……。

 残ったグランドシチー、エーシンモアオバーも3月以来で微妙に間隔が空いていますが、近走成績は良好です。エーシンモアオバーは2着続きですが、勝ったのがホッコータルマエですから仕方ない。この馬なりの結果は出しています。ただ、鉄砲はあんまり良くなさそうなのと、脚質的なことか広いコースよりは小回りのほうが実績を挙げています。

 グランドシチーは前走で重賞制覇。4走前にはホッコータルマエにも完勝しています。今なら逆転されそうですが、それでもこの馬なりに6歳でも成長を続けていると思います。去年の2着馬でもあり、コース適性がうかがえるのは好材料。3ヶ月ほど間が空くのは過去にもありますが、概ねいい結果が出ています。

◎エーシンモアオバー
○グランドシチー
▲ソリタリーキング
△シビルウォー

 連軸として考えるならエーシンモアオバーは堅いと思います。グランドシチーもこの面子で3着を外すとは思えないので、3複2点で考えています。3単も考えてはいますが、◎⇔○→▲△の3単4点ならアリでしょうが、そこまでの自信はないし、この面子で6点も8点も買えるわけがない。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年マーキュリーC回顧~サカラートの弟が兄弟制覇~ | HOME | 『タネ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |