ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年マーキュリーC回顧~サカラートの弟が兄弟制覇~

★マーキュリーC予想結果★
◎エーシンモアオバー…4着
○グランドシチー………3着
▲ソリタリーキング……優勝
△シビルウォー………2着

 展望でソリタリーキングは「兄は兄でもヴァーミリアンではなくサカラート」と書きましたが、だからこそソリタリーキングを重視すべきでした。サカラートが低迷を脱して、最後の勝利を飾ったのがこのマーキュリーC(5年前)だったので。ソリタリーキングが勝ってから、そういえばサカラートも勝っていたと思いだしました。あまり触れられることもなさそうですが、マーキュリーC兄弟制覇です。能力の上限が見えてしまっただけに、JpnIで勝ち負けとは思えませんが、左回りで抜けた馬のいないレースなら今後も好走はありそう。

 「脚質的なことか広いコースよりは小回りのほうが実績を挙げています」と自分で書いておきながら、エーシンモアオバーを本命にした俺はどうかしていた(笑) 岩田だし、近走安定しているし、3着は外さないと見たのですが、小回りとは言えない盛岡では粘りきれませんでした。この馬なりの競馬はしたと思うのですが。次はお盆の交流重賞3連発のどこか。おそらく門別のブリーダーズGCでしょうか。ただ、そこにも今回のメンバーは出てきそうですし、加えてテスタマッタだのローマンレジェンドだの帝王賞組も出てきそう。むしろ佐賀のサマーチャンピオンのほうがいいかも。

 グランドシチーは直線で包まれる形になり脚を余しましたね。2着とはハナ差だっただけに、スムーズに出てこれたら2着は確実にあった。3角過ぎあたりなど外に出すタイミングがないわけでもなかったように見えるのですが。これは津村騎手がヘタこいたと言われてもしょうがない。シビルウォーは骨折休養明けでしたが、よく伸びてきて2着確保。勝ち馬とは順調さの分だけ負けたのだろうと思います。一叩きされて次はもっとよくなりそう。ランフォルセはもっと全然ダメかと予想してましたが、馬券に残られる?と一瞬思いました。結果は事実上の最下位でしたが、あまり軽視しすぎないほうがいいのかなと思いました。

 船橋では地方全国交流の習志野きらっとスプリントが行なわれ、単1.1倍の圧倒的人気のラブミーチャンが人気に応えて5馬身差の圧勝。中央馬と互角の競馬ができる馬に出てこられては他馬はどうしようもない。絶対能力が他馬とは違っている。この後は東京盃→JBCスプリント→(笠松GP)で引退でしょうね。JBCスプリントを勝たせてあげたいものですが、今年も1400というのがネック。大井1200や船橋1000で行なわれるなら勝ち負け必至なんですがね。1400はミーチャンには微妙に長い。逆に出走してくるであろうセイクリムズンにはちょうどいい。うーん。

 去年、一昨年はミーチャンと大差ない2着にジーエスライカーが粘っていましたが、そのジーエスは昨年、他界してしまいました。ジーエスがいないと後続は千切れてしまうんだなあ。去年、一昨年の2,3着馬の差のように。ミーチャンには及ばないもののジーエスも強かったことが改めて浮き彫りになった形。2着にディープハントが来ましたが、ミーチャンが前を掃除したあとに突っ込んできただけで、この先どうこうとも思えない。この馬はだいたいいつもそうですしね。アイディンパワーはちょっとスタートで立ち遅れ。それがなければ2,3着は逆だったかも。盛岡の負けを船橋で奪還しようと思いましたが傷口が広がりました。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人生、日々勉強。 | HOME | 13年マーキュリーC展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |