ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年新潟記念回顧~長い雌伏の果てに~

★新潟記念予想結果★
◎ダコール……………4着
○ニューダイナスティ…5着
▲カルドプレッサ………11着
△エクスペディション…2着

 単勝65.3倍の10人気コスモネモシンが明け3歳のフェアリーS以来の勝利を挙げました。3年7ヶ月ぶりの3勝目。長い。長すぎる(笑)逃げたエクスペディションがゴール前まで粘っての2着。最終的に1人気に推されたニューダイナスティは逃げたエクスペディションに振り切られ、後ろからの馬にも差されて5着。2人気のブリッジクライムは見せ場もない9着大敗でした。1000万を勝ったばかりの馬だから自然と思います。

 コスモネモシンはこれまでの2勝が中山。ほかフェアリーS2着や紫苑S3着もある中山巧者です。加えて昨年のクイーンSや福島牝馬S2着などから重い芝が得意なのは明らかです。ただ、一昨年の福島牝馬Sは震災で新潟での代替開催で、新潟実績はあったのに気づきませんでした(笑) 加えて今日の渋馬場に52kgの軽ハンデ、松岡騎手もロスのない騎乗。それらが重なって久々の勝利を生んだと思います。上がりのかかる競馬が向いていますが、だからといって新潟や京都でダメとは言い切れなかった。コスモネモシンというか、今後のコース適性を考える上での反省材料としたい。

 エクスペディションはやけに人気がありませんでしたが、3走前にトウケイヘイローの2着がありますし、ここ2走もそれなりに走っていました。1000万下を勝ったばかりの馬などよりはよほど買える馬だと思います。重馬場で勝ったこともありましたし、平坦巧者でもあります。あとは逃げがハマったかなとも思います。浜中騎手も納得の行く競馬だったんじゃないかと思います。ダコールはパンパンだろうが渋馬場だろうがダコールでした(笑) 走力が衰えるまでだいたい2~5着を繰り返すんでしょう。◎を打てるような馬ではなかった。いつも△が妥当。

 トレイルブレイザーはビリとまでは思いませんでしたが、前回、休み明けで激走して、今回、人気で追いかけるのはありえない。正直、復活までは時間がかかるような気がしますし、あるいは前走がロウソクが消える前の最後の輝きだったんじゃないかとさえ思います。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<しらが | HOME | 13年新潟記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |