ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年秋華賞回顧ほか

 昨日は待望のお休み……のはずでしたが、オヤジの友人に頼まれて作った自作PCの調子が悪いとかで、メンテナンスのために片道100km(2時間ちょい)の青森・秋田県境(日本海沿岸)まで行ってきました。楽しみがあるわけでもなく、一人で運転していると眠くなってきますね(笑) 行きも帰りもなぜかそうそう引っかかるわけでもない五能線の踏み切りで足止め食らうし、前のバスやトラックがゆっくり走っており、それに合わせて走っていたので、行きはけっこう時間がかかりました。最低限、自作PCの中のデータを保管できればいいとのことでしたから、箱開けてHDD&ケーブルを取り出して、すぐに帰途につきました。俺のPCにそのHDDをつないだらすぐに認識してるんだけどな。所有者もオヤジと同じレベルでPCオンチなので、不可解な操作をして不具合を起こしたのかもしれません。というわけでせっかくの休日はつぶれました。グハ!

★秋華賞回顧★
◎デニムアンドルビー……4着
△ティアーモ……………13着
△ノボリディアーナ………14着
△ローブティサージュ……11着
△シャトーブランジュ……5着

 2,3番人気の武兄弟を切って、1人気のデニムアンドルビーから中穴馬へと流すワイドを買いましたが、軸にした本命デニムはハナ差4着。たぶん馬連買ってたらデニムは3着だったのかもしれません。そして切り捨てた武兄弟の馬で1,2フィニッシュ。俺の馬券不振もここに極まった感を覚えました(笑) 本命党なら素直に1~3人気馬の馬複BOXでも買えば取れるのに、妙にひねくれてしまったので取れそうなものも取れなくなってしまいました。しばらく俺は軸を決めずにBOXで買ったほうが良さそうです。

 メイショウマンボにはデニムがまくって3角からペースが上がったのは幸いだったかもしれません。スローでヨーイドンの上がりの競馬では厳しかったでしょうから。デニムの前にいて、デニムに押されるようにして動いて完勝。デニムよりもメイショウマンボのほうが長くいい脚を使えるようです。オークス馬で父が春天馬のスズカマンボだけにスタミナもありそうです。2着のスマートレイアーは結果2着に着ましたが、あの人気では手を出しづらい。ユタカは一時の不調から脱していい感じですね。

 ゴールドシップ、シビルウォーに続く内田騎手のマクリはまたも不発に終わりました。毎度毎度買う俺も反省すべきですが。デニムはマクリもできますが、やはり一瞬のキレを活かすほうが向いてそうです。リラコサージュとの差は自分で動いた分の差。もっとも人気を背負っていますし、なかなか脚をためるのも難しいとは思うのですが。セキショウは見せ場たっぷりでした。中山のターコイズSを勝ちそうなイメージ。シャトーブランジュは鞍上の談話にもありましたが良でも問題なさそうですね。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アンナカとガソリンと私 | HOME | 13年南部盃回顧~老いてますます盛ん~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |