ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年JBC回顧~衰え知らずのエスポワール~

☆JBCレディスクラシック☆
◎メーデイア…………優勝
○アクティビューティ…2着
▲サマリーズ…………11着
△キモンレッド………3着

 展望では△にマニエリスムも入れていましたが、最終的には地方馬はないだろうなと思ったので、メーデイア1軸3複3点で買いました。メーデイアは単勝元返しの人気に応えて完勝。2着に5人気のアクティビューティ、3着キモンレッド。メーデイアは牝馬相手はもういいんじゃないかと思います。馬券的にはアタマ固定、軸固定にできるからありがたいのですが、ミラクルレジェンドやラヴェリータのように、牡馬に挑むところも見たい。NAR公式のウェブハロンによれば、「馬主との相談次第だがJCダートかフェブラリーS」「来春現役引退、繁殖入り」だそうです。JCダートなら次がラストラン。フェブラリーSなら一つ叩いて、フェブラリーSで引退というところでしょうか。脂が乗ってきた時期だけに、もう少し長く現役を見たいという気持ちもありますが。

 アクティビューティは大井1800がベストと思いますが、吉田隼人騎手がコースなりに合わせた騎乗をして、2着は確保。ただ、メーデイアがいなくなれば、この馬の順番になるかと言われればそれはなさそうに思えます。メーデイアよりも1つ年上ですし、今年の内容からして伸びシロはもうなさそうですし。しかし、好走しても人気の出ない馬だなあ。金沢適性はともかく、近走内容を考えればこの馬が2番手評価というのは本命党からすると自然なのですが。キモンレッドはやはりOP3着に入るぐらいの力があれば、ダート牝馬路線なら好勝負になりましたね。ただ、展望に書いたように距離はもう少し短いほうがベストのような気がします。サマリーズはラクに行かせてもらえないとモロいですね。メーデイアに潰されてしまった。ムラっぽいレースを繰り返しそうな予感がします。

★JBCスプリント★
◎エスポワールシチー…優勝
○タイセイレジェンド……7着
▲テスタマッタ…………4着
△セイクリムズン………3着

 1人気のエスポワールシチーが1400の短距離もなんのそので南部盃に続いてのJpnI連勝。全盛期の米国BCクラシック遠征の後、この馬らしくない内容が続いていましたが、ここに来て全盛期とは違った円熟味でJpnIのタイトルを積み重ねています。3番手からの好位抜け出し。これでJpnIは9勝目。賞金も10億円を越えました。来年は9歳になりますが、得意の舞台ならまだまだ勝ち負けできそうですね。同じことを思う人が少なくないと思いますが、ラストランの時のエスポの背には哲三さんが乗っていてほしい。それまで後藤騎手とのコンビで長く活躍してほしいと思います。大混戦の2着には初ダートのドリームバレンチノ。3着にセイクリムズン。2人気の昨年の覇者・タイセイレジェンドは3角過ぎで失速の7着。

 ドリームバレンチノは血統的にこなしそうでしたし、追いきりでも一番時計を出していた……と展望にも書きましたし、デムーロ騎乗はいかにも魅力的。5人気でしたし、一応抑えておくべきだったか。過去のレース結果にとらわれすぎてしまった予想は反省点。でも、初ダートがJpnIの馬を買うのは俺にとっては難しいなあ。デムーロもインをすくった見事な騎乗でした。松山くんだったらどう乗ったかは知りようもないですが、デムーロに手代わりして結果オーライというしかない。デムーロの短期免許が切れたら松山くんに戻してほしいなと思います。セイクリムズンはややズブくなってきたか。かつては1200~1400ベストでしたが、今は1400~1600が良いみたいですね。

 タイセイレジェンドはどうしたんだろう。+15kgというのがマズかったでしょうか。パドックも何も見てないのですが、内田騎手の談にも「馬体も少し重たかったかな」とありますし。あとはクラスターC→オーバルスプリント→→東京盃→JBCと休み明けから4戦目。やや調子落ちしてたのかもしれません。いくらなんでも負けすぎですしね。◎○の2軸3複という馬券を買っていたのでスプリントは外れてしまいました。地方馬最先着のセイントメモリーは5着。自分の競馬に徹して、掲示板は確保したわけですし、今後もJpnIIIなら中央馬相手でも馬券になれそう。

☆JBCクラシック☆
◎ホッコータルマエ……優勝
○ワンダーアキュート…2着
▲クリソライト…………5着
△ハタノヴァンクール…11着
△ソリタリーキング……3着

 圧倒的人気のホッコータルマエがハナを奪うとマイペースの逃げで後続を翻弄して、JpnI3勝目を挙げました。2着に2人気のワンダーアキュートが粘りこみ、3着にソリタリーキング。2.7秒も後ろの4着に地元・金沢のジャングルスマイルが入り大健闘。クリソライトはさらにクビ差の5着。4人気のハタノヴァンクールはズルズルと下がって11着とまさかの大惨敗。四位騎手の談話では「ガクガクっときた」とありますし、どうも故障したようですね。そうでなければいくらなんでもこんな大惨敗はありえない。まだまだこれからの馬ですが、あるいは引退か?

 ホッコータルマエには他の有力馬に逃げ馬がいないのが幸いしたかもしれません。幸騎手が上手くレースを支配していた。後半は他馬が仕掛ける前に先に仕掛けて振り切りました。前日のみやこSのブライトライン&福永もそうでしたが、力があるダート馬ならこういう戦法のほうが安定して勝ち負けできる。そういう意味では末で勝負するハタノヴァンクールは異常がなくても厳しかったろうと思います。逃げている馬が37.0などで上がられると後ろからではとても届かない。エスポとの再戦がいつかあるでしょうが楽しみですね。

 ワンダーアキュートはどうも煮え切らないですね。去年のJBCクラシックの圧勝だけが異彩を放って見えます(笑) ただ、兄(ワンダースピード)と違ってJpnI馬になりましたし、兄と同様に長く活躍してくれそうな雰囲気は十分感じます。崩れないので連軸としては安心して見ていられます。馬券的にはありがたいお馬さんです。ホッコーもアキュートも別に地方競馬に特化しているわけでもないので、JCダートに出てきても有力でしょう。出てくるかわかりませんが……。ところでニホンピロアワーズはどうしたんだろう?

 クリソライトはカカっていたとか重や不良より良馬場で時計がかかったほうが向くとか休み明けぶっつけだとか、いろいろ敗因はあるかと思うのですが、ジャングルスマイルにまで先着を許す始末じゃ、少なくとも現状は力不足だったとしか言いようがない。次走が重要になってきますね。次にどこを使うかわかりませんが、また大敗するようではこの馬の能力が疑われかねない(もう疑ってますがw) そういう馬と比べると偉大な兄・ヴァーミリアンには程遠くても、スカーレットレディの息子として恥ずかしくないだけの成績を挙げているさかr……もといソリタリーも立派なもんですね。急遽、3単のヒモに追加したのですがそれで助かりました。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年秋上京2~公開収録参加~ | HOME | 13年アルゼンチン共和国杯回顧~見ろ!まるで(ムスカを買った)人がゴミのようだ!~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |